文鳥の死因はたくさんある一覧を紹介

死因が多いというのも、コンパニオンバードの特徴であって、飼い主である自分がもっとしっかりしていたら防げたかもしれないのにと後悔することがないように、あらかじめ勉強しておいたほうが良いかもしれません。というわけでご紹介しますから予防の役に立ててください。たくさんあるのですがノイローゼにならず落ち着いて対策していきましょう。

中毒が死因の場合

観葉植物と金属。アボカド、お菓子、ガスなどによって肝機能障害や神経がおかしくなって亡くなるというものです。好奇心旺盛だと、あらゆるものをくちばしで噛んでみたくなるかもしれません。飲み込まずに吐き出せば、重症にはならないかもしれません。植物からは成分が既に若干溶けだしているかもしれませんけど。舌下錠というのがあるほど吸収されやすい箇所ですからね。なるべくちゃんとしまっておきましょう。
死因2つ目は、圧迫や窒息など体に力を加えられたことによるものです。亡くなり方としては飼い主にとってのショックがとても大きいかもしれません。直接
文鳥に手を下してしまったわけですからね。起こりやすいのは、爪切りの時の固定と、油断している時に足や腰の下、つまりフローリングとかソファにいたり、ドアの隙間にちょうど飛んできたりすることで、座ろうとした時や部屋を後にするタイミングで踏んだり挟むというものです。なるべく目を離さずに集中して、常に注意を向けながらペットのケージに戻すまで油断しないでください。

文鳥の目によるもの

これは知らなかったから仕方がないとはいえ、窓を見ても何もないように見えているということを理解する必要があります。それから、呼吸器が人間より弱いとか、違いがあるということをちゃんと意識した対策が必要です。ストーブは使わず、キッチンに入らせない、コンロを使う時には特に気を付けて絶対に部屋に放たないようにしましょう。つまり湯気というかガスを嗅がせずに。アロマやボディクリームに近付いたら体調を崩したということもあります。芳香剤も置かないほうが良いでしょう。とにかく
文鳥にとってガスや匂いなど人工的なものというのは、害になることが多いということです。こんな感じですかね。
ということで、まだたくさんの、病気とかの危険性もあるわけですからペット保険には入っておいた方がいいかもしれませんし、信頼できるバードのお医者さんを探したほうが良いですよ。でも、やっぱり一番は栄養状態に気を付けてあげることです。カルシウム、ヨウ素、ベータカロテン、青菜などの不足による骨粗しょう症や甲状腺のガンとかになるリスクがありますからね。
文鳥を管理してあげられるのは飼い主さんのみですからボレー粉を洗ったり野菜を与え、日光浴させたり頑張ってください。

カエルの干からびた時の対処法

カエルは面白いですよね。人間より丈夫にできていて菌とかそういうのに近い生き物かもしれません。冬眠できるということも、環境の変化に適応できるという能力に優れている証拠でしょう。
干からびたら、まず水をかける。それで奇跡の復活、生き返るかもしれません。駄目なら諦めましょう。プランターや庭に埋めてあげてください。
反省して次の予防に役立てましょう。例えば時々、水をかけてあげるとか。
干からびないようにスプレーで湿度を高く保つ。暑い日には絶対にクーラーを付ける。直射日光が当たるような場所には置かないように気を付けるというのも基本的なことです。人間とは違って、皮膚でも呼吸をしているとか。いえ、進化した生き物でもわずかに行ってはいるのですが、
カエルのような両生類はその割合が高くて全体の酸素の半分を皮膚から取り入れているとか。小麦粉を捏ねている時に、水分が多めだと手にまとわりつくようになって、苦しいと感じます。やはり、細胞は酸素を絶たれてしまうと駄目なんでしょうね。

カエルを飼育していると臭いのはなぜか

スカンクみたいに、
臭いを出すということもあるみたいです。どちらかといえば、オポッサムのように死んだふりをする時に使います。自分は腐っていて食べられないからというアピールです。そして、飼育していて水槽から漂ってくるというのは、
カエルの体が悪いのではなくて、糞とか餌の残りなどが腐敗して水質が悪くなって起こるものです。ですから、掃除を心掛ければ大丈夫でしょう。ザリガニとかもそうなんですよね。実は、環境の汚れが原因なのです。ですから、驚かずにお世話をしていれば消えるでしょう。

病気の臭い

でも、やっぱり糞自体が質が悪いと強烈かもしれません。例えば胃腸が不調だとか、悪玉菌が多すぎるとか。ペット用の乳酸菌を補給させてあげてみても良いかもしれませんね。爬虫類用に販売しているのを楽天で見かけたような気がします。でも、そういうのにはブドウ糖が入っていたりするかもしれません。ところで、
臭い理由ですけど与えている餌というのも、虫ではなくて粉を水を加えて混ぜてお団子みたいにまとめるタイプだと、とうぜんタンパク質のみでは捏ねられないのででんぷんも入っています。それは、カビを増やしてしまいます。ですから、糞が悪くなってしまうかもしれません。実際、虫よりも下痢をしやすいという感想を持っている飼い主さんもいるみたいです。人それぞれ、おならが違うようにやはり何を食べているかで発酵具合が変わってきてしまうんですね。

カエルのためにはどんな餌がいいか

おすすめなのは、ショウジョウバエです。筒のような入れ物に、遺伝子改良で飛べなくした成体がいます。それは扱うのが楽そうですし、そのケースの中で卵を産んで増えていくので、子供、孫という感じでずっと養殖できます。それを与えれば費用の面でお得ではないですかね。それも通販で購入できるのでぜひ探してみてください。あと、乾燥コオロギとかもいいかもしれません。でも、小さいのしか食べないですから適当に切って与えると良いでしょう。また、水分不足で
カエルが便秘になってしまうとかわいそうなので、ぬるま湯でふやかしてみてはいかがでしょうか。

カエルは暑さに要注意

干からびてしまうと大変ですからね。それでも、生命力が強くて水を掛けたら復活するみたいですけど、試してみようなんて思わずに、
カエルにとっての適温は何度くらいか考えてあげましょう。インコとか文鳥も、南国出身の割には熱中症になりやすいかもしれません。直射日光に当たっているのは最悪です。火傷しそうなレベルですからね。エアコンを使って、温度調節をしてあげましょう。

カエルは寒さにも弱い

冬眠をする生き物ですからね。冬はヒーターを使ってあげなければならないでしょう。でも、ある意味手が掛からなくて室外でも育てられそうですね。まあ、部屋の中に入れておいて場所をそんなに必要としないので助かります。手軽に育てられるペットですよね。爬虫類が苦手な人でも、ヤモリとか
カエルは結構好きな場合があるかもしれません。トカゲなんかは可愛いですけどね。さすがにヘビは模様によっては恐ろしい印象があります。

暑さによって起こる症状

夏は人間も、熱中症に気を付けなければなりません。ペットと一緒に、無事に過ごせるように水分補給などに気を付けましょう。そして、塩分も摂取することを忘れずに。倒れてしまっては大変ですからね。もし、家に誰もいなかったら救急車で運ばれることも無理で、そのまま命を落としてしまうかもしれません。それは避けたいですから気を付けましょう。
暑さは、お年寄りには厳しいかもしれませんね。加齢によって喉の渇きをあまり感じなくなるらしいので、意識してこまめに摂取しましょう。そんなに、気を張る必要もないですけど、定期的にトイレに行ったらその分補給するとか心がけたらいいですね。あまり神経質になってもストレスが溜まってしまいますから。カエルと季節の変化を乗り切りましょう。

カエルのあくびをする心理とは

あまり見られなさそうな
カエルの行動にはどんなものがあるでしょうか。時々、暴れることもあるみたいですが。病気ということもありますし、原因はわからないもの。例えば、気分とかかもしれません。あまり感情のなさそうな生き物に思えますが、そうではないのかもしれませんね。頭も良いのかもしれません。ガマ君の本とかありましたが、服を着て深く考えを持つ文化的な姿はそれほど違和感のないものでした。

珍しいカエルの仕草

死んだふりをすることもあります。その時はお腹や足の裏にある毒々しい色で、食べないように天敵に注意を促しているようです。しかし本当に、キツネとかこの生き物の持つ寄生虫で命を落とすことがあるといいます。ところで、
あくびをするのはどんなときでしょうか。眠いのかもしれませんし、緊張をしているのかもしれません。夜行性なので昼間、ある程度明るくないと睡眠不足になってしまうことも考えられるかもしれません。そして、飛んでいる虫とか、餌を捕食する前などに行っているという意見もあります。なぜかといえばプレッシャーを弱めるためですね。命が掛かっていますから、狩りをする時は真剣なのでしょう。

インコとかもあくびをする

哺乳類で言ったら、シマウマみたいなものでしょうか。天敵が多い小さな鳥というのは、とても怖がりです。ですから知らない人や家具、野菜などを見るととても緊張してしまいます。そして心を落ち着けるために頑張っているのです。耐えられずにパニックを起こしてしまうこともあるかもしれませんが、
あくびを何回も試みて正気を保とうとしていることもあるといいます。全く違う生き物ですが、心理は似ているのかもしれませんね。というわけで、以上
カエルについてでした。

カエルに与える赤虫の良さと欠点、おすすめの餌

タンパク質やビタミンなど不足してはならない栄養素をちゃんと届けるために飼い主も調べたり勉強していきましょう。

カエルに与える餌

キイロショウジョウバエとかいうのも生きたままで販売しています。羽は遺伝子組み換えの影響で飛べないので部屋に逃げてしまう心配はないです。しかも、培地を新しくしていけばずっと卵を産んで子孫を残していけるので経済的です。魚の粉などを配合したやつを水で練って与えるものです。虫が苦手な人はこちらをお勧めします。しかも、保存方法も冷凍とかではないですから送料や手間が掛からず圧倒的に楽ですし、地震とかで停電になった時にも大丈夫ですからね。

赤虫の利点とデメリット

下痢をしにくいみたいです。それは何と比較してなのかといえば、乾燥したのを水分でふやかして与えるタイプの。なるほど、そういう良さがあるのでしたら、やはり新鮮さにこだわったほうが正解かもしれません。添加物とかでお腹の調子を悪くするのか、でんぷんが駄目なのか。それか
カエルが下痢をすると言っていたのは、乾燥コオロギのことなのかもしれません。そうだとしたら
赤虫の冷凍という保存方法に比べて鮮度が悪くて、死にきれない菌が微妙に腐敗させて傷ませているから食中毒になりやすいのかなと推測してみます。でもオタマジャクシにも、成体にも使えますしまた卵を産むまでこれ一つで大丈夫と書いてあるので栄養価的には問題ないかと。それに、メーカーの品質によるかもしれませんからね。でも近所に草原がある人なら、自分で餌を用意するのもいいでしょう。
赤虫を買わなくてもね。網を持って、腕を大きくスイングさせながら、漁業のように大量に捕まえるのが狙いです。普通は、蝶とかバッタなどターゲットを追いかけて縦に振りますが、この場合は滅多打ちみたいに手当たり次第に。今では、そのような自然も少なくなってきてしまいましたが。でも、蟻は絶対に与えてはいけないとか。強い毒があるらしいですね。でもハリモグラとかは主食にしているのですが、
カエルは駄目なんでしょう。不思議ですよね。ところで、ハムスターと同じく夜行性だなんて本当かな。確かに、月明りの下でゲコゲコ鳴いているイメージがありますが。そうならあまり眩しくない照明で竹串に刺したりした餌を与えなければなりませんからね。動かすんですよ、飛んでいるみたいに。楽しそうですよね。そうしないと食べません。ピンセットだと、挟む力が強すぎて大丈夫かなと心配なので、楊枝とか突き刺すほうが
カエルの力でもポロッと取り外せて良いのではないでしょうか。

文鳥の蜘蛛騒動

些細なことにもびっくりして怯え、暴れることがあるのが、
文鳥という生き物です。ですから環境は常に、あまり新しい刺激がないように整えておかなければなりません。家具のカバーとかを変えただけでも結構、パニックになることもあります。特に、ブラックなカラーのドット柄とかは苦手なセキセイインコが多いといいますからね。目のように見えてしまうものは避けるべきでしょう。

文鳥と生き物の対決

出くわしてしまうことがあります。部屋に放している時間などに、ゴキブリ、猫、地域によってはムカデ、ネズミ、蛇などに。野生でも、いったいどこから入ってきたのかというような疑問に思う感じで出現することがあります。デスマッチとなり、場合によっては亡くなってしまうこともあるので気を付けましょう。特に、
文鳥にとって危険なのが忍者のようにあらゆる通路を作り出して侵入する、チーズ泥棒であり生命力が強く百戦錬磨の達人、ネズミさんは神出鬼没で、いきなり現れて噛んでいくということがあるので注意してください。
蜘蛛はすごく小さくて1ミリしかいないような奴が時々、部屋に出ますね。
そしてちゃっかり巣を作っています。家具の角とかを利用して。気付かずに手を突っ込んでしまうと、びっくりしますね。もう少し大きいサイズでブラックなのも見たことがあります。これはもう、虫嫌いとしてはアウトです。絶対に触りたくないですし、動きも早くて腕とかに登られてきたらと思うと窓の外に出すのも気合を要しますよね。集中力、反射神経などを駆使して苦労しますよ。駆虫スプレーは使わないであげたいです。なんとなく、蚊やハエ、ゴキブリとは雰囲気が違うというか、祟りがあったら怖いなと思わせる何かがあります。小説など作品の影響でしょうか。親切にしておいたほうが良いのではないかと思わせるのです。動画で見かけたような気がするのですが、すごく大きい
蜘蛛が、それこそペットを襲いそうになることもあるかもしれませんね。自分の家には絶対出ないと確信できるならいいのですが、田舎とかでは頻繁に見かけるのかもしれません。ネズミも昔は多かったですね。青いタヌキのようなロボットの出てくる漫画でも、悲鳴を上げてポケットから熱線銃とか爆弾を取り出すという危険な展開になることもありました。
蜘蛛はハエを食べてくれるから、ペットとして飼いたいといっている人もいるみたいです。無害なら、まあ置いてみてもいいかもしれませんね。
でも本来だったら虫とか食べてもいいと思うんですけどね。
野生の場合はミミズとかそうしているでしょうし。タンパク質の補給源になるんですよ。

蜘蛛を捕まえて食べさせるのも良いかも

乾燥したコオロギとあも販売していますからね。お米とか穀物や木の実ばかりの雰囲気があるコンパニオンバードですが、やはりアミノ酸はどの生き物にとっても欠かせない餌となっていることは間違いありません。ですから、不足すると飼い主さんの指とか腕などを噛みだすこともあります。あわよくば肉片をとか狙っているのかと思うと、いくら大切なペットとはいえちょっと背筋が凍りますね。まともに対決したら絶対に人間が勝つのに、油断させておいてというのは、愛情の武器というやつを使っています。かわいくて何でも許せてしまうからと言って、さすがに自分の体を切り取られていいはずがありません。ですからちゃんと
文鳥に卵、鶏肉、などアミノ酸は補給させましょう。

文鳥に美味しいきなこを与えたいけど注意点もある

大豆は本当はあんまり与えないほうが良いのですが、時々なら大丈夫でしょう。それに、タンパク質不足だと皮膚を食べられそうになりますからね。
文鳥には、そんな人肉をついばむようなことはしてほしくありません。本来、大型哺乳類がインコとかに捕食されることはあり得ませんし。可愛いペットにそんな恐ろしい姿は似合いませんからね。どんなタンパク質がおすすめなのか、そして豆があまり推奨されない理由について、などもご紹介していきますから役立ててください。

文鳥に必須な栄養

ここで、おさらいしておきましょう。ちゃんとビタミンとか与えていないと失明したり体調を崩したり、足の骨が曲がったりしてしまうかもしれませんからね。カルシウムは、くる病の発生予防に欠かせません。そしてベータカロテンは肝臓障害を防ぎます。体内でとある栄養に変換されます。それから、ビタミンDも紫外線で合成させましょう。

つまり、
文鳥についてこれらをまとめるとボレー粉を食べさせたり、コマツナみたいなものを与える。そして日光浴させなければならないということです。何か栄養が不足していると体調が崩れますからね。人参では駄目なの?カボチャではどうだろう。などと思うかもしれませんが、濃いグリーンの葉っぱでないと脂溶性ビタミンの一つが不足しますからね。あと葉酸もかな。だから貧血とかになりやすくなりますから、リーフを与えましょう。しかしほうれん草はアクが強くてたしか禁止だったような。そして話を戻して、おすすめは牛乳、卵、煮干し、コオロギなど。

きなこ以外にもタンパク質はいくつもあります。虫なんて見るのが抵抗あるという人は
文鳥のために無理しなくてもいいですよ。卵を茹でたり、鶏の胸肉やささみなど脂肪分の少ない部位をしっかり加熱してちょっと与えてみればいいのではないでしょうか。言い忘れましたが、白身のみにしましょう。コレステロールが高すぎますからね。煮干しは、結構いいんですよ。ヨウ素が豊富ですから。甲状腺疾患を防ぎます。先ほどの見出しで、このミネラルも必須であることをご紹介するべきだったかも。

そのくらい
文鳥にはとても重要な栄養素ですから。喉に大きな腫瘍ができたら、呼吸も苦しくなってしまいます。もちろん、そんな状態になったら末期です。かなり進行していてそのまま亡くなってしまうこともあります。

もっと早く気付けていたら、獣医さんに治療してもらって助かったかもしれないのに。窒息はしたくないですよね。どんな死に方がいいかといえば、やはり老衰とかで自然に枯れるように亡くなってほしいかもしれません。それか、頭をぶつけて急にとか。それは、窓に衝突することで起こりやすいですから、カーテンを掛けて防がなければならないですけどね。とりあえず、煮干しが駄目なら海苔とか食べさせてみてください。過剰も悪影響ですが欠乏も危険です。

きなこの弱点

ゴイトロゲンが甲状腺ホルモンを阻害することが、デメリットです。畑のお肉ですから動物の命を奪わずにいいんですけどね。やはり、種というのは食べられたくないがためたくさんの毒も持っているわけです。フィチン酸と酵素抑制物質。皮と胚芽を取り除けばミネラルを輩出してしまう成分は無害になります。でも、完全にではなくて実は白米にも微量含まれているそうです。

きなこのような大豆ならもっと多めに残っているのではないかと推測します。そして、発芽の時まで自分の成長を抑制する酵素抑制物質は、精製すれば取り除けますが、そのままでも炒るほど高温にさらせばタンパク質変形によって無害化します。つまり、液状の卵が固形になるという変化と同じようなもので、それによって失われるのです。

イソフラボンが
文鳥のメスに及ぼす作用もあります。これは精製しても取り除けないものです。食べすぎて、生理が早く来たということはありませんか。そのように、過剰摂取は子宮筋腫になってしまいます。ですからメスには
きなこを与えすぎないほうが良いです。

文鳥のお墓を考えよう

いつか来る、お別れの日。何年か一緒に暮らして、とても可愛いペットとして飼い主の自分に癒しをもたらしていた、
文鳥。その亡骸をどのように埋葬するか、という問題についてです。生きているうちから用意しておくのは不謹慎な気がしたりまだ大丈夫だしいいかと思っていても、やはりコンパニオンバードというのは失ったときのショックが大きくてあれこれ準備する行動力が湧かなくなるという場合も考えられます。

文鳥にふさわしい埋葬

ですから、あらかじめ土葬ならプランターなど購入しておきましょう。近年は、ちゃんと火で焼いて骨を残しておくという人もいるかもしれません。人間と違って、小動物は加減が難しいみたいですが、業者さんも頑張っているみたいですね。技術を要します。

しかしやはり、どちらかといえば野生なら地面におちてそのまま微生物によって分解されて植物を育てる栄養分になるというのが自然な循環です。ですから、そんなに高いお金をかけて読経したり、骨を納める必要はないのではないかと考えます。面白い話で、何家族かまとめてのお葬式で、ペットの名前をお坊さんが読み上げる時に思わず笑ってしまったというのがありますよね。結構、ご存知の人も多いかと。普段読んでいるのは省略して「めけ」だったのですが、フルネームを記載したらですね。

なんだったけな、ちょっと忘れちゃって。
文鳥もそのように、お経を読んでもらうのも良いかもしれませんね。あまり恥ずかしい名前だったならやめておいて、
お墓を作るだけでもいいでしょう。花で飾るとか、プレートを置いてみるなどしたほうが良いかもしれません。そのほうがきれいですからね。安らかな感じが演出できるでしょう。パンジーは微妙ですが、白い小さな種類とか良いかもしれませんね。

お墓の装飾について注意点

でも、お葬式には赤とかピンクの派手なのは禁物ですが、この場合には別にいいんじゃないでしょうか。素敵な年月が思い出されるような、そんな鮮やかな植物を植えてあげてみても。しかし、注意すべきなのは根が土を持ち上げて亡骸が浮いてきてしまうことです。それを見てしまったら精神的なショックが大きいかと思いますのでかなり深型のものを選んだほうが良いでしょう。そして
お墓の土を最低でも8分目からすりきり一杯くらいにできるだけたくさんいれれば大丈夫だと思います。庭があるなら、直接地面を掘ればいいです。でも公園や道端に埋めるのは駄目みたいです。個人のテリトリーではなくて、みんなが使う場所に、動物を・・・というのは、法律に反しているので気を付けてください。

文鳥のオス同士が仲良すぎか争いになることについて

なぜか同性なのに両想いになることもあります。その逆に喧嘩ばかりで手が付けられないので別のケージにしなければならないということも。
文鳥が子育てしているところを見たいなら、一羽は里親を探してメスを仕入れてくるという方法もあります。鏡という実在しない姿にですら吐き戻しをプレゼントするくらいですから、この際あまり関係ないのでしょう。それとは対照的にメスとでもうまくいかないことはあります。なかなか、選り好みをするようですね。しかたがないでしょう。なぜなら本来は大勢、それこそ何百もの団体行動をしますから自分の需要に合うパートナーも見つかりやすいわけです。

文鳥の同性で仲良しになりやすい時期

年齢的に子供の場合は、そうなりやすいとか。確かに、心がオープンで誰とでも愛を育みやすい時期なのではないかと。それに、見た目が正直、区別しにくくて理解できていないということもあるようです。まだ、ホルモンとかが目立たないというか主張されていないという影響により、羽の色も生え変わっていなくて雛の段階では見分けるのに苦労するという話はオカメインコとかで良く聞きますよね。

文鳥なんて成人してもカラーがそっくりではないですか?チークパッチがないので濃さの違いで分かりませんよね。心配しなくても、大人になればメスに関心が向くようになる場合もあるようですよ。それは、当たり前ですよね、そうでなければ種として滅びてしまいかねません。でも、実際に人間のみではなくてラッコとかオットセイなどもそういう行動をすることがあるみたいです。

オス同士でだと子供ができない

場合によっては何羽も飼っていても全部ハズレで、誰も仲良くならずに喧嘩ばかりしているということもあるようです。組織とかでは誰かしらまとめ役になったり、仲裁する存在が出てくるものですが。人間関係もですが、そうなると心が荒むような環境ですね。でも、飼い主さんにだけは懐いているならまだ救いがあるのではないでしょうか。そういう対象がいることで心のバランスが保たれていて他の同僚には冷たく、攻撃的になれるのかもしれません。

しかし、それにしてもペアを作って育雛するところを見たくても、簡単に行くわけではないのですね。ブリーダーになりたいという人はそういう時どう対策するのでしょうか。もしかしたら、餌とか気温などが整っていないという可能性もあります。誰でも、暮らしが厳しい時には怒ったり神経質になりがちなものです。

オス同士でも、冬はそんな気分ではないかもしれません。でも祖国に四季はなかったかもしれませんけど。でもとにかく、自分に例えても分かる通り、仕事がすごく忙しいとかいう場合には頭が戦闘モードになっていますからね。だから少し脂肪の多いカナリーシードなどを餌に混ぜてみたり、気温を高めたり夜少し遅くまで照明を付けて明るくして、日が沈むのが遅くなった、つまり春や夏が来たと思わせる必要があるかもしれません。冬にはみんな体の活動が鈍って、停滞しますから。休眠するカエルやヤモリのような生き物もいますね。暖かくなると気分が上向きになるでしょう。ですからそのように環境を整えるなど工夫していれば卵を産み始めるかもしれません。

というわけで
オス同士でいい雰囲気だからと言って、必ずしも問題があるというのではなく純粋に友情がちょっと行き過ぎているような感じかもしれません。無機物にすら恋してしまう生き物ですからね。一部の人にもいるみたいですけど。でも、大人になればメスとちゃんと家族を作るらしいので
文鳥のブリーダーさんは安心していいでしょう。