コリドラスとエビは捕食の問題なく飼えるか

コリドラスというのは、生息の環境が
エビと同じようなものです。底に集まっていますね。砂の上に居て、水中深く潜っています。透明な体は神秘的な印象を与えます。気を付けなければならないのは、捕食するかということです。その心配はあまりないと考えている人が多いです。

しかし、ストレスは感じますね。異なる生き物なので違和感を感じるようです。割合も問題です。というのは一度に何十匹も投入した場合、当然の大群の訪れに対して先に暮らしていた方が気味悪がるような様子を見せたり、縮こまってしまうからです。

そんな表現をしている飼い主さんがいて、思わずおかしくて内心、お腹を抱えて笑ってしまいましたが。それが本当だと、ボーッとしているように見える
コリドラスも心が結構繊細にできているみたいですね。体が大きいので小さい生き物に攻撃をするということがあります。

しかし、目立ちませんがいつの間にか増えすぎていて水槽が狭くなってストレスで亡くなるという流れがあるので気を付けてください。そのような方法で報復することがあります。水質の悪化とかではなくて、なぜかやはり空間が確保されないととても体調を崩すといわれています。

赤ちゃん
エビは、捕食されるかもしれません。プランクトンを食べるみたいに、細かいものは吸い込んでしまうのではないでしょうか。というわけで、運良く行けば穏やかに暮らせますが追加する個体が多いと被害が出る場合もあり、また日常的に餌の小競り合いは避けられないであろうということが予測されます。

その点を考慮して水槽にたくさん詰め込みすぎないことなどを気を付けてください。また、食物の確保に失敗して何も食べられないということがないように見守りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする