セキセイインコに煮干しは塩無添加を

セキセイインコの大好きなのは、海苔とかスイカ、みかんなどがありますが、他にも
煮干しというアイテムがありまして。特に頭の部分はエビみたいに乾いていて良いですよね。ちょっとしっとりしていると歯が弱い人には大変かもしれません。小さな鳥なのであまり長いのより稚魚がいいです。カタクチイワシは2.5から13センチくらいまで成長の度合いによって違いがあります。キビナゴは、10センチくらいで小型です。このような魚達は何を食べているのかといえば、生態はプランクトンなどを餌にしています。

それから煮て干すような加工をされるものには、アジ、サバ、トビウオもいます。これらはちょっと体長が大きそうですね。そして
セキセイインコにおすすめの一番小さいのは、アーモンドと小魚のおやつになっているような種類ので、ちりめんというのは3センチにもならないです。カタクチイワシであることは同じなんですけどね。かえりというのがもう少し大きめです。昔はどの家庭にもあったかもしれませんが、近年は知らないという人もいて時代を感じますね。焼くとちょっとししゃもみたいになり、崩れやすく
セキセイインコも噛むのが楽です。体のカラーがよく見るとオーロラみたいに輝いていて美しいですね。何匹か並べて品評会のようなことをしてみました。すぐに飽きましたけど。みかんの粒などでも小さいのを見つけると得した気分になります。希少価値というやつです。珍しい物好きと表現できるかもしれません。自分が末っ子で魚座だからというのもあるかも。
煮干しの仲間です。投影ですかね。周りと比べると、一番頭が悪くて人間的にチビだと認識していますから、親近感が湧くのかも知れません。

でもどちらかといえば幼くて可愛い物に出会えた満足感ですね。やはり、オレンジとかでも大きい奇形みたいなやつを見ると、引いてしまうというか微妙におどおどしてしまいます。

そういうのは、たいていの場合水分が蒸発していてパサついた果肉なので美味しくないです。ところで、
煮干しは粉にしたやつもあります。それは餌に振り掛けて与えると良いです。骨が喉に引っかからずにおすすめです。でもいまいち食べた感じがしないのでやはりくちばしで噛めるのがあると
セキセイインコにはいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする