文鳥にみかんのポリフェノールが良い!病気を防ぐ

文鳥に限らず、私も果物の中では
みかんが一番と言っていいほどお気に入りです。お米の他に、日本が自給自足できている代表的な食品ですね。具体的にどんなメリットがあるのかご紹介します。まず、ビタミンがたくさん存在するので活性酸素を退治してしまいます。老化が遅くなりますね。寿命はそれほど変わらないとしても、健康に過ごせればなによりです。
文鳥も人間もね。血管は、ストレスによって動脈硬化が進みもろくなります。粘りけを増すと、詰まりやすくなったりして大変です。カルシウムが沈着してしまい、脳梗塞とかにもなるかもしれません。これは、人間の生活習慣病でもあります。
文鳥のみならず、自分も補ってみてはいかがでしょうか。しかし、これはカロリーが多くて太りすぎになるかもしれません。そうなると、体重が増えて足に負担が掛かるようになります。関節が炎症を起こすかもしれません。老衰する頃まで健康で過ごせるように食生活は甘やかしすぎないようにという心がけで過ごしましょう。そして、なぜか糖質というのはカビが増えやすくなります。発酵食品はチーズ、納豆などタンパク質が多いものもありますが炭水化物、つまりでんぷんが必要な場合もありますね。パンや甘酒など。でも、パンは小麦のグルテンを活用しているので、薄力粉では作れないのだとか。日本は昔そうめんや蕎麦ばかりだったのです。国産ではタンパク質が少ない品種しか収穫できなかったと聞いています。

文鳥は、元はここに生息していたのではなくて遠くに存在する南国から連れられてきました。オレンジとか寒さに弱そうな品種がなっているイメージの土地です。セキセイインコとかもオーストラリアからの輸入ですよね。ちなみに、果物の皮は農薬がたくさんかかっているので与えないようにしましょう。どんな健康効果があるのかという内容の続きですが、白いところには、ポリフェノールが豊富です。これはどちらかといえば、味はあんまり宜しくないですけど。くちばしには血管が通っていて、ある程度伝わってくると言われています。人間で言う爪みたいなものですかね。それで果物を噛むとか、千切る時の感覚は、梱包材を潰すみたいに面白さのあるものかもしれません。

血管というのは
文鳥にとっても大切で、お年寄りになると減ったりするみたいです。栄養が運ばれないと羽毛が落ちて、そのまま生えてこなくなってしまうこともあるかもしれません。食べれば、張り巡らされたたくさんの通路を健康的に保つのに役立ちます。ビタミンCと併せて摂取すると、相乗効果があります。酸化されやすいのですが、この場合は
みかんのポリフェノールが還元してくれるのです。肌が乾燥したり、シワが増える悩みはありませんか?シミや色素沈着ばかりで、老けて見える。体が柔軟ではなくなった。歯周病になってしまう。それらはすべて血行が悪化してしまうからです。いつまでも健康で寿命を迎えられるように、ストレス対策としておすすめの栄養が豊富です。飼い主にとっては癒しでも、コンパニオンバードというのは、複雑な心や慣れない人間の世界におびえているかもしれません。そうすると、活性酸素がたくさん発生しますから。炎症が起こりガン細胞とかも増えやすくなると言われています。ペット保険に入っておいた方が良いかもしれませんね。かなり高額になるという話です。購入する時には千円くらいの品種もいるのに、お世話をし始めると費用が掛かって、見捨てるわけにもいかず大変になることもあるかもしれません。うるささ、アレルギーによって手放すことも場合によってはありますが。

文鳥には、とても似合う明るいカラーの果物。二つ使ってスノーマンを作ったことはありませんか。猫の頭の上に乗せている飼い主さんもいますよね。土鍋に丸くなったペットを入れたのも人気です。動物の中では何が好きですか?個人的には砂漠に生息しているトカゲとかが好きです。お腹が可愛いですよね。カエル、ヤモリの手や足も良いです。スライムみたいな質感に弱いみたいです。質感といえば、セキセイインコはタオルを気に入ることが多いと言いますね。起毛の部分が群れに溶け込んでいるみたいな錯覚を起こさせるのでしょうか。話を戻して、ポリフェノールというのはブルーベリーなどで補給する人もいるかもしれません。でも、あれは目を良くする効果が特に強いんですよね。タマネギのケルセチンは、
みかんのヘスペリジンと同じ作用があるとか。お蕎麦にも含まれているみたいです。不足すると、血管から成分が漏れやすくなると聞きます。

エンジュという植物にも存在するようで、それはあまり補給源として人気がないので、やはり果物や野菜から摂取するのが良いでしょう。

自生している木とかは害がないか気になります。昔の人は、これは食べても体に異変は起きないかというのを調べるのが怖かっただろうと推測します。牧草のみで生きる牛みたいな動物は、運が良いかもしれませんね。キノコなんかをかじって倒れたりしなくて。

サバイバルについて調べていて得た情報なのですが、まず口に葉を当ててかぶれないかを調べます。それから咀嚼して飲み込まずにしばらくそのまま時間を置いて大丈夫かを確認します。

それから少し胃に送って、何も起こらないか待ちます。2時間ほど過ぎ去っても無事なら、増やします。大丈夫だったら、それは普通に食べても良い野菜です。というような内容でした。そういうものかと、感心しました。

野生のは何を餌にしているのですかね。
みかんには、日本に来ないと出会えませんが。イメージに合わず、小さな虫とかは捕まえているようです。コバエとか家の中に飛んでいたら、狙うかもしれません。特に害がないならそっとしておきましょう。

さすがに蜂とかはどうですかね。滅多に入ってくることもないですが。蚊は、痒いので退治してくれたらありがたいですけど。ゴキブリを食べる猫は、飼い主にプレゼントしてこない限りは助かります。