オウムが原因のアレルギーに何個か対策を

オウムやオカメインコには、脂粉というのがあります。これを吸うと
アレルギーになります。すぐには現れません。飼育してしばらく過ぎてから、そういえば最近咳やくしゃみ、目の痒さが出ると気が付くわけです。対策はたくさんあります。まず、諦めて親戚などに飼ってくれないか聞いてみる。駄目なら、里親をインターネットで探す。それから自分に対して改善を試みる。
アレルギーというのはある程度、薬で何とかなるものみたいです。でもよく知らないものを服用するのは悪影響があるかもしれないと考えると怖くて、飲みたくないし費用も掛かってしまう。ですから、花粉症のマスクを付けるとか。空気清浄機で吸い取る。ケージにカバーを付けてみる。
オウムは、大型なのでセキセイインコとかより脂粉もたくさん出そうで大変ですね。でも、これらの対策をすれば大丈夫ではないかと考えることができます。なぜならば、昔調べたことがあるのですが酷いくしゃみが収まったという効果を実感している人もいるからです。なので、
オウムに対して免疫が作動してしまっているなら早く試してみてください。放鳥の時はマスクで、ケージに入っているならカバーと空気清浄機で完璧です。花粉症用のは、隙間なくしっかり着けましょう。そうしないと意味がないので。あと、飼い主側の心配をしましたが、鳥も餌に対して
アレルギーになることがあります。今は無事でも何年かして症状が出てしまったら嫌ですよ。腸を労る乳酸菌などを与えたり無農薬、塩素を避けるなど予防をしましょう。