文鳥が亡くなる後、埋葬などの準備の仕方

文鳥は可愛くて懐く心の癒やしとして、そして病気なんかすると心配で命の尊さも学ばせてくれる良きペットですね。
亡くなると実感がないかもしれませんが、茫然自失としていないで、次の子をまた飼うためにも早く思い出に感謝して別れを告げましょう。まず冷やします。腐敗をストップさせるためです。そしてお骨を側に置いておきたい。ちゃんとお墓に納めたい。そんな場合は、火葬をしてもらいます。自分で焼くという人は現代にはさすがにいないでしょう。下手だと、燃え尽きてしまって何も残らないといわれています。ですから
亡くなるより早く
業者をちゃんと選びたいですね。可愛いペットではあったけど、そんなに費用を掛けられないという場合は土葬で充分でしょう。プランターに埋めるというのも手軽で良いのではないですか。お花とか植えても安らかに眠っている感じが出て、雰囲気がありますね。公園に埋めるのは禁止です。迷惑になるようですから法律でそう決まっているのです。
身近な家族が
亡くなるというのはまだ体験したことがなく、ひょっとしたら、
文鳥というのは誰より心に寄り添える才能があるので悲しくて喪失感があるかもしれません。何匹もインコを飼育し続けている人も多いみたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする