大根がアブラムシに住み着かれたら無農薬で退治する方法

大根は、漬け物にすると美味しいですね。よく煮込んで柔らかいおでんも好きです。
アブラ虫が取り付いたら、誰でも嫌な感情が湧いてきます。せっかく育てていた野菜なのに、がっかり、ムカムカとなったり、びっしり付いた微生物に、吐き気がすると思ったり、ご婦人なんかは怖がるかもしれません。いや、そもそもそんな上品な人は家で野菜なんか育てるとしてもせいぜいミニトマトくらいなものですかね。対処法を確認していきましょう。まず、収穫して食べるのに農薬とか気にしない、という人は成分が染み込んで全体に行き渡るので、見落としがちな部分にも確実に効果を実感できるタイプの、つまり一般的な製品を使用しましょう。そして、体にはなるべく良い野菜にしたいというなら、おすすめなのがカダンセーフや粘着くんなどの食品由来ので、小麦粉とかお米、ジャガイモ、サトウキビ、ハチミツ、トウモロコシ、メープルシロップなどに含まれていることで知られる炭水化物、つまりでんぷん質によって集まる生き物を退治します。蒸すとホクホクなポテト、茹でたコーンからは想像しにくいかもしれませんがおむすびは、手が糊みたいになるし飴とかも暑いと溶けて袋にくっついてしまっているということありますよね。そのベタベタする成分が
アブラ虫の体を囲み、人間で言うならビニールを被せたみたいに息ができなくなるのです。でも、もっと安上がりに、今あるもので
大根を守ろうというならセロハンテープを葉に対してソフトにペタンと付けると取れるのではないでしょうか。なんなら貼りっぱなしにするとカダンセーフと同じ効果が得られないだろうかと考えましたが、背中側で呼吸をしているなら良いけど、お腹なら意味がありません。それに、葉が光合成をできるか分かりませんし、テープの粘着部分の成分は、
大根に吸収されてしまって体に悪くはないかなども心配ですね。でんぷんの成分は、うどんこ病とかの菌にも作用しますよ。
そもそも、もう収穫の季節だというなら、食べるのは葉ではないですからそのままでもいいかもしれません。しかし次からは野菜を最初からネットの中で守りながら栽培すると、
アブラ虫やナメクジ、コバエなど防げて良いのではないでしょうか。こちらは初期費用は掛かっても、毎回使えますから長期的に見たら結構お得ですし手間的にも楽ですよね。それから、価格は正直、安いですよ。一度、通販で購入したのは1,000円台だったような気がします。だから私ならネットで防止します。カダンセーフもほとんど同じくらいの値段ですし、たっぷりスプレーしないと効果がないみたいのですぐに空っぽになってしまうかもしれません。そして、予防のためには窒素を少な目にするのも良いでしょう。控えたいのはタバコとお酒、お菓子、炭水化物は太るから、なんて。肥料の主役と言える成分ではありますが、
葉をやたらに魅力的に、都合よく成長させるのかもしれません。つるぼけとか聞いたことあるかもしれませんが、生い茂るばかりで、花の芽ができたりすることがなく、とうぜんその後に迎える果物の収穫もないということです。イモや、ヘチマとか蔓の植物ですかね。他は、徒長という名前でしたっけか。やたら草丈ばかり伸びてしまうという。基礎を疎かにしている見せかけだけの人間の在り方をたしか、そのように呼ぶこともありましたっけね。まあとにかく、肥料は追肥するなら適量を守るようにして、過剰になると
アブラ虫やうどんこ病の菌が広がりやすくなるようなので、気を付けてください。免疫力の弱体化かもしれません。菌にとって
大根の地上に出ている部分が餌になりやすくなります。例えば甘いお菓子とか炭水化物ばかりを食べていると、体内にはカビが増えるといいますからね。水虫とかが悪化したり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする