パンジーのうどんこ病対策2つ

寄せ植えが可愛い
パンジー。うどんこ病は、粉が吹き付けたような見た目ですね。ところで、そのように具合悪くならない人のお世話方法との違いはなんでしょうか。特に、これといって個体による免疫の違いというのはそれほどないと思いますが。やはり、水やりなどの差ですかね。適切な、そして予防に役立つ管理の方法を学んでいきましょう。

パンジーは梅雨に
うどんこ病に注意

天気が悪いと、菌が増えます。湿った場所、紫外線の届かないことによりはびこってしまいます。足の裏なども湿りやすいのでカビが増えやすくて痒くなったりしますね。そういうときは、それらの餌になる甘い飴やお菓子、糖質をあまり食べないようにして、除菌作用のあるローズマリーとかのハーブをお料理に使うと改善してくるかと。しかし、これはちょっと関係ない話なので終わりにしまして。
パンジーも、年中湿った土だと蒸れます。水滴の付いた葉が混むとカビや菌が増殖します。お天気の良い日は紫外線がある程度、
うどんこ病がはびこるのを防いでくれているでしょう。歯ブラシを衛生的に保つので、そのようなライトがありますよね。しかし、天気がいまいちで曇りや雨が続くと感染しやすくなるみたいです。つまり、冬の結露とか、お風呂の天井などもそうですね。園芸について詳しくなくて、面倒見がいいと、必要以上に水やりしてしまうかもしれません。しかし、そうしたからといって
パンジーが喜んでいるわけでもなく、早く育つということもありません。やはり、表面がしっかり乾いてからたっぷりジョウロや散水ホースで与えるのが良いでしょう。植え替えをしたら、黒く根が腐っているという記憶はありませんか?それは、水やりしすぎたことが原因です。そのような弊害もあるのでやはり
うどんこ病にならないようにというのみではなくて気を付けるべきです。寄せ植えが人気ではありますが、あまりに混んでいるとやはり乾きにくくなります。蒸発しにくくなりますね。土の水はけも年々悪くなるのが普通です。つまり、ふんわりしたところより、足で踏み固めると。雨の粒などが落ちてきた時に重さでプランターの中身がしっかりしてきます。赤玉土は、粘土みたいな感じなので崩れてきます。お化粧の話ではないですよ。かき氷の山でもなくて。雪だるまもだんだん顔がひん曲がってデロデロになりますね。疲れのあまりよく分からないことを口走りましたが、焼き固めて作ってあるんですから、次第に砂のように細かくなってプランターが詰まってきます。植え替えも適度に行いましょう。

対処について

まず、
感染して広がるのを防ぐためですが、
うどんこ病の葉は千切って捨てます。清潔なハサミを使いましょう。そして農薬を撒く。野菜ではないので気兼ねなく。間引きで
パンジーに風を通し、植え替えも適度に。水やりは間隔を開けて乾いてからしっかりと。以上が
うどんこ病の具体的な対策になります。土に藁の砕いたのや、木の破片を敷き詰めておくと良いでしょう。大粒の雨が夏とかに勢い良く降ってくると花の顔にも土が跳ねていることがありますね。これは不味いです。なぜなら、菌がたくさんいるから。砂場遊びで、猫の糞から寄生虫に感染してしまうこともあります。手に付くと皮膚から入り込んできますよ。注意深い人なら、それによる気分の変化を感じることもあるでしょう。やはり、園芸をしていると
うどんこ病でなく種まきとか植え替えでたくさん土を掬ったりしますから、手袋をした方が良いですね。痒くなったりしますから。
パンジーを例えばハサミで剪定したら、傷は菌に対して無防備になります。転んで膝に擦り傷を作ったら、普通は絆創膏やガーゼで保護しますよね。ちなみに、カサブタができたら繊維を巻き込んでいて剥がすとき痛いのは嫌なので軟膏を塗って湿らせたりしないと、ガーゼを乾燥させると不味いですよ。というわけで、土が跳ねないように、雨とかの水が衛生的な藁とか木の破片に落ちるようにすれば防げるのです。予防に心掛けてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする