ホウセンカのうどんこ病にしっかり予防と対策する方法

ホウセンカは野草ですね。しかし、
うどんこ病になることもあるのです。その原因は主に2つあって、対策は農薬と、他には予防のためにしておきたいことがいくつかあるのでご紹介します。子供の頃から親しんだ人も多いであろう植物。別に野菜と違って食べるものではなく観葉植物みたいなものだから、体に悪い農薬使っちゃっても構わないですね。八重咲き品種を見つけたのですが、思わず育ててみたくなるほど、とてもかわいいですよ。

花はおよそ4センチと小さめ、草丈もあまり高くはありません。赤やピンク、白のフリルのようで美しいですね。

スポンサード リンク



ホウセンカに効く
うどんこ病の農薬

まずはこれ以上、他の葉に蔓延しないための対策を施していきましょう。すでに感染しているところを切り取るのが一番先にすべきことです。

それはしっかり菌を消毒した園芸の道具で行うよう気を付けましょう。なぜならば、原因になる特定のカビとかウイルスがいるのかは分かりませんが、なるべくホウセンカに負担を掛けないためにです。雑菌と戦うと、
うどんこ病ではなくても少なからず消耗してしまうものです。特に体調の悪いときに切り傷でも作ってしまうと、一段と具合がおかしくなります。

細胞が、修復のためにタンパク質だのビタミン、ミネラルなどを使って忙しく働いていたり、侵入した微生物と戦うために免疫が稼働しているのかもしれません。

まあそれはさておきですね、取り敢えず農薬を散布しましょう。リンゴを収穫するにはたくさんの種類、それこそ何十も使ってやっと病害虫から守れるというものみたいです。

スポンサード リンク



しかし、ネットで通販のショップを見てみると、結構広範囲にネキリムシやらコナジラミ、ハダニ、
うどんこ病など効くものもあるように思えます。

なのでどれか一つ購入して撒布しておけば、取り敢えず観葉植物やお花の
ホウセンカくらいは充分健康に育つでしょう。そして、忘れてはならないのが目や口を保護することです。

買ってすぐそのまま
うどんこ病に使って良いスプレータイプもありますが、容量が少なそうでお得感はあまりありません。手軽さは製品の中で一番ですけどね。

自分で調合しなければならないのもあって、その場合は跳ねて眼球を痛くしないように、
ホウセンカに撒く時にはゴホゴホむせるのを防ぐために農薬用のマスクを装着するのを忘れずに。

手袋もしたほうがいいのではないですか。肌の荒れている人、皮膚が薄いとか乾燥している場合は特に。キメが荒くなってしまうとバリア機能が衰えて体に悪い成分も浸透しやすくなってしまいますからね。

スポンサード リンク



蚊とかハエに使う駆虫スプレーを使った時でも、その部屋にいると空気が汚れてしまって鼻を手で覆ったり、吸い込みたくないので呼気が変になります。

防ぐにはどうするのか

うどんこ病は、菌やカビみたいなのに感染することによって起こるんでしたよね。ですからあらかじめお世話で心得ておきたいのが、
ホウセンカをカラッと過ごさせるということです。

人間にも水っぽい体質の人は暗いとかしつこい、ネガティブ、あるいはロマンチックという側面もありますが、そのような特徴にどうしてもなりがちです。

インドの医学的にも、他に火と風があることが知られていますね。討論好きだったり争いがち、イライラしている、オープンで明るいとか。クールでさっぱりしている、神経質などの心は体質にもよって変化するものです。

そしてそれは食べるものや環境によって、あるいは天候などが左右しています。だいぶ関係ない話をしてしまいましたが、ジメジメとした空気はなんだか重たくて洗濯物が雑巾みたいなニオイを発したりしていて嫌なものですね。

カビは梅雨を喜びますし、ダニとか菌もそうです。
うどんこ病にかかりやすいのはひょっとして6月頃かもしれません。人工的に湿りすぎになるのは水やりによるものです。基本は表土の具合を確かめてから。

気温によって蒸発の早さが違いますからね。夏は頻繁に、冬は減るのが普通です。といっても一回につき、鉢の底からはみ出るくらいに気前よくという常識は守ってくださいね。なぜならば、
ホウセンカの根が出す老廃物とかを追い出すためと聞いたことがあります。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする