レタスに付くアブラムシに対する処置3つ

レタスの美味しさには、
アブラムシも集まります。薄いカラーに、シャキシャキして香りが良いのが特徴的ですね。新鮮なものがサラダやパンにあると嬉しい野菜です。だんだん酸化して、ピンク色になってくるのがちょっと気持ち悪いので早めに消費してしまう必要がありますが。まあお風呂に生えるようなカビではないので大丈夫ではないかと。あまり栄養はなさそうなイメージがあるので、ビタミン補給にはやはり
レタスではなく、ほうれん草とかの緑黄色野菜を補給したいですね。しかし虫にとっては人間と違ってどんな植物でもいいのかもしれません。栄養が足りるのでしょう。非常に低燃費なんでしょうね。しかしセミも地面の下にいる期間は、木の根から汁を吸って生きているようです。タンパク質たっぷりな体が、そんな餌から作られるというのは意外ですね。人は食べたもので体が作られるといいますが、あの
アブラムシも植物みたいな薄いオリーブ色をしています。話を戻しまして、家では体に良い野菜を作れるのが嬉しいところ。駆除する成分というのは、消費する側にも悪影響がありそうです。しかし、退治する方法というのは毒を使う以外にも、物理的に例えば頭を叩くとか水に沈めるなどありますよね。そのように、虫が息をするメカニズムを利用して、呼吸を阻害するドロドロ成分で固めてしまおうという製品がどうやらあるようです。

レタスに大量のアブラムシ

粘着くんというのをまずご紹介します。加工でんぷんで退治しようというのです。このメリットは、農薬に慣れてしまって効かなくなった虫に対しても、問題ないです。ミツバチなど人間にとってメリットのある生き物には無害です。ドット柄のあの天敵にも安全で、とても小さい存在にしか効果を発揮しないようです。なので
アブラムシのみ駆除できるというわけですね。でも、どのくらい長持ちするのかと費用なども見比べたいところですね。それから、
レタスにくっついている場所へ直接しっかり掛けないと意味がないとかで、葉の裏にいたり、目に見えない部分とかには気が付かずに見落としてしまうかもしれません。やはり物理的な攻撃だと。浸透する農薬の方が隅々まで除去できて楽です。体には悪いかもしれないけど、まあ説明書を守れば大丈夫でしょう。ただ、蚕などにも効いてしまうので飼っている人は気を付けてください。調合の時は目を、撒く時には呼吸器をそれぞれ保護するように注意してくださいね。専用のマスク、ゴーグルなども用意して装備しましょう。

ネットの活用も考えよう

そもそも、寄ってきても完全には植物に足が付かないようにすれば去っていくので、細かくて
アブラムシも跳ね返すネットを用いればいいですね。やはり、そんなにコストが掛からなくて長く使えるのがお得ですからね。
レタスなどに農薬は使っていれば減ってしまいますが。雨や太陽、風は植物に届けられるので生育には問題ありません。個人的にはベランダに服を出して乾かすときに役立ちます。虫が付かないようにね。以上、対策をご紹介しました。最後の方は予防についてでしたが。でも、もうひとつあって、それは肥料をあまり与えてはいけません。栄養の余分なところには虫も飛んできやすいです。まあ窒素自体が
アブラムシの餌になるわけではないでしょう。葉を育てる成分なので、
レタスが美味しくなるのかもしれないですし、免疫力が弱体化してしまう。恵まれた環境でぬくぬくと育つとちょっとした意地悪にも負けやすいという人間みたいなものでしょうか。いつも怒鳴られている生徒は慣れているので打たれ強いとか。跳ね返す力が弱くなるのかもしれません。雑草とかハーブなんかは虫の嫌う成分を自分で持っているのかもしれませんが、ただでさえ人の食用で癖のない柔らかい風味の野菜ですから、そこに肥料もたっぷりと育てると、葉が弱ってしまってバリア機能が減ってしまうかもしれませんね。というわけでアブラムシからレタスを守る参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする