レタスにアブラムシが!安全な農薬で退治する

レタスに、いつの間にか
アブラ虫がたかっている。やはり美味しい野菜は好きですね。しかし農薬を使うとせっかく家庭で栽培している良さが半減してしまうし、健康に良い作物に育てたいですからね。でも、害がないアイテムがあるのでそれを用いれば安全です。取り扱っているネットショップをご案内します。この生き物は、ゴキブリやハエに嫌悪感を示す人でもそんなに吐き気や恐怖をもたらさない特徴ですね。しかし、野菜からしてみれば、人間にとってのダニや蚊みたいな感じで刺されているわけですから。

アブラ虫の付いた
レタスを農薬で

やはり弱ってしまうとか別の菌に感染しやすくなってしまうでしょう。そういえば先日、ナメクジを久し振りに見ました。窓の向こう側にペッタリ張り付いてゆっくりと上へ移動していました。シメジの胴体みたいに白くて、私もあまりギャーギャー言わずに済みました。元々は、貝が進化したものらしいですね。確か、そうだったような。ハエが飛んでくると体の毛が逆立って鳥肌が現れる気分です。でっかい羽蟻を見たときも。黒い大きなやつは嫌いですね、というより怖いです。
アブラ虫の農薬の話でしたね。カダンセーフというのが良さそうなので、ぜひ使ってみてください。あと粘着くんも。でんぷんでやっつけるのです。オイル由来の成分も入っていたかな。どちらもベタベタでそれが、例えるなら生き物をビニール袋に閉じこめたようになるのです。あるいは地下の洞窟にいたら崩れて出られなくなったとか。餌と空気を与えないことで退治します。

防止すればコスト削減

やはり消耗品ですからね。いつも付く度にスプレーしていてはすぐ無くなってしまいます。家庭での菜園をある程度の規模で長期間行うのならば、
レタスなどにあらかじめネットを掛けておいた方がいいですよね。水や紫外線はちゃんと通しますから大丈夫です。ぜひ
アブラ虫の阻止に活用してみてください。私は、洗濯物を干すのにも使っています。やはり、ベランダにはハエ、蜂、羽蟻も飛んでくるので不衛生だったり、服に潜り込んでいたりして気付かず取り込んで着る時に刺されると危険ですからね。使い方としては、人によって支柱を使うかどうかでまず分かれます。どちらも
効果に違いはないけど見た目がなんだかベシャッとしているのか、ピシッとちゃんとしているという違いで、几帳面な人や費用にこだわらない場合はアーチ型のを使ってトンネルみたいに張りましょう。
レタスはそうでもないですが、野菜は縦に伸びますね、それに幅も肥えるので、支柱を使わない人は余らせてふんわり掛ける。あと、予防のためには追肥をあまりしてはいけません。そもそも、あまり栄養のなさそうな野菜なので、そんなに土から減らないかもしれませんが。カルシウムとかマグネシウム、鉄分などミネラルもですが、窒素も主に葉の成長に貢献します。しかし、この成分がくせ者で、多ければ植物が甘やかされてしまって食害されやすくなる、花や実ができずにつるぼけしてしまう。というデメリットがあります。というわけで、以上
レタスについてでした。駆除剤はなるべく人の体に影響を与えないものを
アブラ虫に使い、費用の節約のために、長期間使えるネットを取り付けながらの栽培をおすすめします。身近にあるアイテムでは、ミルクも薄めてスプレーするといいとか聞きますね。詳しくは良く知りませんが。オイルとか糖質のベトベト成分が作用するようです。でんぷんなどを活用した製品がありますから。そういえば、蚊がうるさくなる暑い季節は、ちょっとした裏技でスプレーがなくてもやっつけられますよ。どんなのかというと、石鹸を薄く溶かして、掛けるのです。空いている容器があればそれに詰め替えましょう。効果は、ただ羽を無力化しただけなのでつぶして捨ててください。人にも影響がある成分は、怖くてじゃんじゃん使えませんから、良い対処方法ですよね。そして、
アブラ虫退治について内容のおさらいになりますが、窒素を多く施肥しすぎないように気を付けましょう。摘心は、
レタスの場合はしませんがもしするとしたらしばらく晴れ続きの時期を選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする