文鳥がくしゃみを連続の理由はアレルギー、カビ、風邪など対策を

文鳥の連発する
くしゃみは、アレルギーや花粉症かもしれませんが、風邪の場合が多いでしょうね。カビとかに感染してしまっているのかもしれません。でも餌とか飛んでいるホコリ、ダニのフンなどに免疫が過剰に対応して攻撃している場合もあります。アレルギーもどちらも同じような原因みたいですね。腸の傷というか、細胞がしっかり整列していなくて隙間が広がっていたりすると、だから例えてみると、園芸で鉢の底に最初ゴロゴロした大粒の石とかを敷きますね。そのあと細かい土を入れれば、こぼれません。つまり、プランターの穴が腸の栄養を吸収する場所だとすると、ここが小さければ大きな分子を通過させずに済むわけです。花粉とかのタンパク質が
くしゃみの元、アレルゲンになるのは、アミノ酸に分解してから吸収されないからです。連なっているのを酵素が千切っているから羽や人間の皮膚とか髪とかにまた組み立てることができるんですね。でも、タンパク質のまま吸収されたとしたら活用されないどころかアレルゲンとして体に悪い作用があるのです。

文鳥のしつこいくしゃみ対策

胃酸不足とかは分解するための酵素が働きにくい環境で、塩はよく分泌し増やすので食物を上手く消化するのに役立ちます。穀物とか野菜ばかりで不足していませんか。与えられていないと、飼い主さんの手のひらから出る汗で賄おうとする場合もあります。塩土とかミネラルブロックを餌入れの近くに設置しましょう。しかし胃に詰め込みすぎると今度は消化不良になりますから気を付けてください。新聞紙とか繊維質過ぎるものを飲み込むのも同じような支障があります。もし
くしゃみがアレルギーなら、動物に詳しい専門の獣医さんのところで検査をしてみて原因物質を特定しましょう。アワとか配合餌の中から、あるいは野菜で見つかるかもしれません。ですから、ホコリとかは布巾を絞って家具に積もっているのを拭き取りましょう。本当にすぐ綿毛が溜まりますし、嫌になってしまいますね。
文鳥に関係ない話ですが、両手の爪も短期間のうちに伸びてしまい頻繁に切らなければなりません。面倒くさいです。トイレの床も、ついこの間拭いたと思ったらもう髪とかホコリでモヤモヤした汚い雰囲気を放っていますし。尿や皮脂も頻繁に出て、人間というのは洗顔したりお手洗いに行ったり面倒くさい生き物ですね。
文鳥ならフンもこまめに排泄しているでしょう。体の構造が違うんですね。

カビはペットしか気付いていないかも

アロマなど、微量でも亡くなります。フライパンを熱したら、蒸発する僅かなガスで中毒になる場合もあります。台所で肩とかに乗せたまま、調理をしようとしたら急にボトッと落ちて命を失ってしまったのかは知りませんが、テフロン加工はフッ素が
文鳥にとって害があるようなので気を付けましょう。そして何が言いたいかですが、
くしゃみが出るのは飼い主が気付かないような微量なカビとか、タバコの煙、ストーブなど空気の汚れが原因になっているかもしれないということです。ボレー粉の汚れがまだ多くて水に浸けるとたくさん不純物が浮き出てくるような場合だと、くちばしを付けないといいますね。洗浄してみると食べるので違いが分かっているのでしょう。ビタミン剤も人工的だからか、餌に垂らすと拒否する場合もあると聞きます。小さい生き物は、過敏ですし第六感も冴えていて家族の帰宅を人間より先に悟り騒ぐとか、知人にインコを褒めているとその空気を察して誇らしげにするみたいな話を聞きます。話を戻しますが、エアコンを使っていると、水滴が発生していて送風運転で乾燥させてからでないとカビがたくさん発生して
くしゃみの原因になってしまいます。目や鼻が痒くなり肺炎になりそうな感じです。ですから、とても酷ければ人間も気付きますが、少量は
文鳥くらいしか症状が現れていない場合も考えられます。エアコンや窓枠など、結露でカビが生えやすいのでマメにしっかりお掃除して
くしゃみが出ないよう、衛生的に環境を整えてください。予防のための微生物を利用した素晴らしい発想の製品もありますよね。黄色いプルプルのビーズみたいな見た目の。窓際に置くとバクテリアみたいな菌が働いてカビの発生を抑制するという効果があるらしいです。私も使っていましたが、なとなく窓を衛生的に保ちやすかった気がします。というより、最初、容器に入れる時が面白かったですよ。液体なのに、開封して空気に触れたら小さなツブツブになっていくんですよ。不思議で目が丸くなりましたし魚の卵みたいで可愛かったです。ぜひ、使ってみてはいかがでしょう。お掃除がとても楽になるかもしれませんよ。以上になりますが、もし
文鳥の具合が悪そうなら早めにバード専門の獣医さんに治療してもらいましょう。家の衛生管理も飼い主さんの責任あるお仕事ですが。くしゃみについては以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする