キツネの代表種は?キツネにはたくさんの亜種がいる

キツネの代表種やその他のいろいろな種類のキツネについてご紹介します。

そもそも、キツネといったら黄色っぽいまさに「キツネ色」なキツネ一種だと思っている人もいるかもしれませんね。

「ゴンギツネ」や「手袋を買いに」などのキツネのイラストのイメージが強いのではないでしょうか。

しかし実際には北海道のキタキツネにはたくさんのカラーがありますし、いろんなキツネがいるようです。

たくさんいるキツネたちの代表種は何というキツネなのでしょうか。キツネの種類と分類についてご紹介します。

スポンサード リンク



キツネの代表種【世界では?】

キツネには、代表種を始めとするどんな種類のキツネたちがいるのでしょうか。

住んでいる地域などによっても種類分けされています。本土と北海道のキツネなど。

しかしその違い以外に、誰が見てもぱっと一目で分かる違いがある狐もいますね。

例えば、色の違いです。真っ白な狐は、神秘的な雰囲気が漂っています。キツネ色というように、狐といえば黄色っぽいキツネ色をしているイメージがありますが真っ白な狐の種類もいるんですね。

そのような真っ白なキツネはホッキョクギツネと言う種類です。真っ白で犬みたいな見た目で、写真を見て思わずソフトバンクのお父さんを思い出すような感じの印象です。

スポンサード リンク



それ以外にも、外国にはチベットスナギツネなんていう、いかにも外人らしい顔つきをしたシックなキツネもいます。

キツネの種類は、主にアカギツネとホッキョクギツネとフェネックギツネに別れます。

そしてキツネの代表種は、世界的に見ればアカギツネが代表種ということになります。

スポンサード リンク



キツネの代表種【日本では?】

しかし日本ではアカギツネの亜種であるホンドギツネがキツネの代表種です。

アカギツネの亜種にはキタキツネもいますが、キタキツネは北海道のみに生息しますから日本でのキツネの代表種はホンドギツネということになります。

代表種のアカギツネ、ホッキョクギツネ、フェネックギツネにはそれぞれに亜種がたくさんいます。

日本ではアカギツネの亜種が、日本のキツネの代表種であるホンドギツネと北海道のキタキツネに主に別れます。

代表種ではありませんが、キタキツネにはかなり個性的なたくさんの亜種がいます。十字ギツネは顔が狐らしくなくて笑っちゃうような顔つきです。一度検索してみてみてほしい顔です。

スポンサード リンク



しりとりの「ぎ」でいつも活躍する(?)ギンギツネも、キタキツネの亜種です。そして毛皮の色がかなり綺麗な、茶プラキツネ。柔らかい色で女性や子供に人気がありそうなキツネです。

こんな綺麗な狐がいると知ったら驚く人もいるのではないかと思います。飼育したいと思う人もいるのではないかな。キツネの飼育についてはまた記事の後ほどでご紹介します。

プラチナキツネは、白金のような色の毛色も混ざったキツネです。

日本のキツネの代表種であるホンドギツネは、みんな普通のキツネ色です。北海道のキツネはいいですね、いろんな種類の綺麗な狐がいます。

スポンサード リンク



キツネの代表種ではないけど気になるフェネック

キツネの代表種ではありませんが、個人的に注目したのがフェネックギツネです。フェネックギツネというのはフェネックと呼ばれる、大きな耳が目立つ狐です。写真を見てみたら、ちょっと上品なチワワみたいな雰囲気を醸し出している小柄っぽいキツネです。

チワワってそもそもどんなのだっけと写真を見てみたら、チワワはいかにも愛玩動物という感じがして全然雰囲気が違いました。フェネックの神秘的な雰囲気がすごく綺麗だなーと思いました。

こちらが神秘的なフェネックの写真。神秘的なフェネック

そしてこちらが「冒険に出ているよ」という雰囲気を感じるフェネックの写真。
冒険フェネック

これ見ると、猫にすごく似ている体のラインですね。しなやかな感じです。犬や他のキツネはもっとゴツゴツした真っ直ぐな感じです。

フェネックはネコ科な感じがしますがキツネはイヌ科。どうやって決めているんでしょうね。でもやはり本物の猫と比べると猫よりはくにゃくにゃせずに、骨格がしっかりしているように感じられます。

スポンサード リンク



キツネの代表種まとめ

キツネの代表種についてご紹介しましたが、予想外にたくさんの種類のキツネがいることは驚きでしたね。

日本のキツネの代表種はホンドギツネですからカラーの面白みはあまりありませんが、北海道には多様なキツネがいるんですね。

どこかの世界の地域の代表種であるホッキョクギツネや、フェネックについても詳細が気になります。

ホッキョクギツネは寒い地域に住んでいるのでしょうし、フェネックは砂漠など乾いた地帯に住んでいるキツネだと聞きます。

先程ご紹介したフェネックの冒険してる雰囲気の画像も、あれはいかにも乾燥地帯だという感じが出ていますね。暑そうです。

以上、キツネの代表種についてでした。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする