カニの生態の面白さ!足を置いて逃げる!?ちょっと怖いカニの生態

カニの生態についてご紹介します。

砂浜にはカニのものと思われるポコポコ開いた穴がありますね。

なんで穴なんか発生するのでしょう。生態は不思議です。

海水にも潜れますし、陸も移動できます。呼吸器とかはどうなっているのでしょうか。

口から泡を吹くのはなぜでしょう。カニの気になる生態について確認してみましょう。

スポンサード リンク



カニの生態

体の特徴について

カニは、目がとても良いです。目が細長く飛び出ていますね。

巣穴に入るときには目を引っ込める習性があります。おそらく穴は外的の侵入を防ぐためにカニの体のピッタリサイズに作られているため、飛び出た目は邪魔になるのでしょう。

カニの餌

小さなカニは、砂の中の藻とか有機物みたいな細かなものを食べています。

かとおもったら、ウミガメの生まれたばかりの小さなウミガメの子どもとかも食べてしまうみたいです。砂浜のその辺にいるカニは、小さい割に案外強いんですね。

でも警戒心も強くて砂浜に掘った巣穴のすぐ外で餌を食べます。いつでも巣穴に逃げ込めるようにです。

巣穴の深さは結構あって数十センチ〜1メートルもあります。

スポンサード リンク



カニの足

カニの足は前進もできるし後退もできるんです。右に左にと移動する姿しか浮かびませんが、種類によっては前に前に進むカニもいれば後ろに後ろに進むのもいます。

そしてちょっと怖い生態なのですが、カニは足がちぎれることがあります。

病気ではなくて、トカゲのしっぽが切れるのとおんなじように切れるのです。トカゲはしっぽを置いて逃げますよね。

でも足なんか切って…スタコラサッサと走って逃げるよりほかないカニなのに大丈夫なのでしょうか。矛盾している気がします。と思ってよく調べたら、全部の足が落ちるのではなくてたくさんある足のうちの、天敵に捉えられた足のみを外して逃げるようです。

切れた足は脱皮してまた生えてきます。一度の脱皮では完全に元に戻りません。何度か脱皮しないと足は元に戻りません。

人間の食べ物になるわけですが、「足落ち」という銘柄があり、「短足」という銘柄があります。

これはカニが足を切ってからまだ再生していない状態のものです。

完全に成体のカニに脱皮し終わると、二度と脱皮しません。成長がストップしてしまったようなもので、この状態の時に足を切っても脱皮できないから再生しません。それで足落ちというのができるわけですね。

スポンサード リンク



カニの卵から大人まで

カニは、まず卵から孵ってプランクトンとなり海中を漂います。

脱皮をして稚カニに近付いていき、カニっぽい見た目になったらまた地面を這う生活をするのです。

海中を漂っているうちに、そのカニに適した生息地域に自然に運ばれていきます。

満月とか、決まった時期に一斉に産卵をするカニ。この時期に産卵をすると潮の流れ加減とかが良いというのが分かるのかもしれないです。

カニは、成長するごとに何度も脱皮し、卵から生まれたては、とてもカニには見えない見た目をしています…。

☆オススメ・海洋生物の本☆

カニは、エラ呼吸というのをご存知でしたか?エラがあるようには一見見えませんがエラ呼吸をしています。

そして陸に上がることもできるカニですが、甲羅の中にある水の中の酸素を吸っています。つまり陸でもずっとエラ呼吸をしているんですね。

泡がブクブク出るのはカニが酸素をより多く得ようとするためです。水槽の酸素ポンプみたいに自分でブクブクやっているんですね。その泡をまた甲羅の中に取り込んでエラ呼吸しているのです。

スポンサード リンク



最後に。カニの生態

カニの生態についてたくさんご紹介しました。カニの生態については満足行く情報量をまとめて載せているサイトがなくていろんなところから寄せ集めました。

カニは小さいのはとてもかわいいです。大きなカニは、かわいくはありませんが漁師さんには好かれます。小さなカニは海岸とかで見付けると嬉しくなります。

12星座の一つにもカニ座があります。わたしは月星座がカニ座です。普段自分が○○座だと思っているのは実は太陽星座で、他にも月星座とかがあります。

太陽星座は人生の目的、公的な面を表し、月星座はより自分のプライベートな内面を表しているとか言われています。

以上、カニの生態についてでした。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする