カマキリの天敵とは?ヘビやネズミすら捕食するカマキリに天敵はいるのか

カマキリの天敵についてご紹介します。

カマキリは、小さなヘビすら捕食しようとする怖い虫です。

しかし、そんなカマキリの天敵は何なのでしょうか。カマキリも、成虫になる前はまだまだ弱く、成虫のカマキリが捕食して餌にするような虫にすら食べられてしまうことがあります。

カマキリの天敵についてご紹介します。

スポンサード リンク



カマキリの天敵とは?

カマキリの天敵

カマキリは、蜘蛛や鳥類などの天敵がいます。

また、スズメバチもカマキリの天敵になります。スズメバチとカマキリは、実は捕食したり捕食されたりする互角の関係なのです。

スズメバチをカマキリが捕食しようとすることもあります。しかし、カマキリがサッと鎌を振ってスズメバチの体の固定に失敗すると、逆にスズメバチにやられてしまいます。

強さではスズメバチのほうが強いからです。不意打ちに失敗すれば、逆にスズメバチに捕食されてしまうという…。スズメバチに手を出すのは危険ですが、他の獲物が見つからないと手を出さざるを得ないのでしょうか…。

いや、カマキリは、そもそも自分より小さいと判断したものは何でもかんでも捕食するのでスズメバチの恐ろしさを知らない可能性が高いですね。

スポンサード リンク



カマキリを操り水辺に誘う

カマキリを操り、水辺に誘う生き物がいます。ハリガネムシという虫です。

ハリガネムシという虫は、まずユスリカの幼虫など水の中で暮らす生き物に捕食されます。

そしてユスリカの幼虫のお腹の中で殻を作りその中に休眠します。ようは、寄生虫なんです。

そして、カマキリが成虫になって飛んできたユスリカなどを食べると、今度はカマキリの体内で成長します。成虫になったら、ハリガネムシは水の中で暮らしますからカマキリの脳に特殊なタンパク質を送り、カマキリを操作して水辺に行かせ、水中に飛び込ませます。

カマキリのお腹に水がかかると、ハリガネムシは出ていきます。

その後のカマキリはどうなるのか。カマキリは、死んでしまうというわけではないようです。

お腹から出ていくというのは、お腹を破って出ていくのだから死んでしまうのでは?と思うのですが、どうやらカマキリは生殖不能にされただけのようで、衰弱している状態です。弱っているので水中に住む虫や魚に捕食されて命が終わることもあります。

スポンサード リンク



カマキリの捕食するもの

カマキリは、黄緑色だと思ってませんか?実はカマキリは、黄緑色ではなくて茶色にも変化できます。

周囲の景色と同化する擬態化を行うのです。そして、カマキリの狩りのスタイルはじっと待ち伏せして非捕食者が鎌の届く位置に来たら、鎌を振って2つの鎌で非捕食者の体を固定し、ムシャムシャと食べていきます。

カマキリは、ヘビやネズミなども捕食してしまうすごい虫です。しかも、カマキリは夜でも視力が効きます。なのでカマキリが夜にこっそり獲物を狙ったらまず逃げられないでしょう。

スポンサード リンク



キリギリス対カマキリ

キリギリス科の虫に、最強の虫がいます。カマキリやセミをいとも簡単に捕食してしまうという…。

キリギリスは、絵本ではバイオリンを弾いていて冬の準備をしなかったから冬に餌に困ったという話がありますが、実際は何でもかんでも捕食してしまうので冬に困ることはなさそうです。

カマキリの擬態という生態

先程、カマキリは茶色にも変化できますと書きましたが、正確には違いました。

カメレオンは自分の意志で体の色を変化させますが、カマキリは変化することはなくもともと生まれる環境が草原なら黄緑色、山なら茶色、花なら花びらそっくりのハナカマキリ、などというように環境によって体色が変わります。

スポンサード リンク



まとめ!カマキリの天敵

カマキリの天敵は、鳥や蜘蛛や、ハリガネムシという寄生虫や、スズメバチ、キリギリスなどということでした。

カマキリは、大きな鎌と怖い宇宙人みたいな目をしていることから虫の中では最強の捕食者みたいなイメージがありますが、実は天敵もなかなか多い生き物なんですね。

以上、カマキリの天敵や食事情についてご紹介しました。

スポンサード リンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA