オオコウモリの体長は超巨大!でもかわいい!と飼育したがる人も…

今回は、オオコウモリの体の特徴(体長・体重など)や生態についてご紹介します。

オオコウモリは、オーストラリアなどで見られる巨大なコウモリで、見た目が怖すぎるということで注目を集めています。

オーストラリアではそんな巨大なオオコウモリも、蛇に丸呑みされるというようなことも日常的みたいですが。

蛇の口からはみ出した、オオコウモリの骨ばった黒い腕の写真が忘れられません…。気味の悪い光景でした。

しかしそんなオオコウモリをかわいい!といって飼育したがる人もいるようですね。オオコウモリの飼育事情についても確認していきましょう。

スポンサード リンク



オオコウモリの生態は?

生息場所

オオコウモリの生息場所というのは、温かい熱帯地域です。

先ほどオーストラリアに生息していると言いましたが、日本でも沖縄諸島と小笠原諸島に生息しています。

アフリカでもオオコウモリは生息していて、地域の人たちに食用として食べられているそうです。オオコウモリの天敵は、人間もでしたか。

オオコウモリの餌

いかにも肉食性の生き物のように見えるオオコウモリですが、果物を食べたり花の蜜を吸って生きています。

オオコウモリは、何を餌にして生きているかというと、植物性の餌を主に食べているんですね。

ちなみに小さなコウモリは、昆虫とかを捕食していますよね。

スポンサード リンク



オオコウモリの天敵

オオコウモリの天敵は、先ほどアフリカ人に捕食されるということで人間も天敵に入りますが、それ以外では蛇もオオコウモリを捕食しています。

インドオオコウモリの場合、ワシなど猛禽類もオオコウモリを捕食します。

蛇や、猛禽類などの肉食動物がオオコウモリの天敵になるということですね。あと、雑食性の人間も。

スポンサード リンク



オオコウモリはかわいいの?

オオコウモリは、普通の小さなコウモリとは違って目が大きめです。これは、超音波ではなく目に頼って飛ぶためです。

そして耳は小さめに退化して?います。

顔は、なので普通のコウモリよりややかわいいかもしれません。

こちらのオオコウモリの赤ちゃんとか見たら、かわいいというのも納得行きますね。

https://goo.gl/images/yfdR9V

…やや、無理があるかもしれませんが。野性味のある黒い顔に巻かれた可愛いタオルケットがちょっとミスマッチです。

オオコウモリは、フルーツバットと呼ばれてもいて、飼育する場合は餌に果物などを餌として与えます。虫も少しは食べるようですが。

オオコウモリは、買おうと思うとインコやハムスターなんかとは違って高いです。5万〜10万もします。

それで何年くらい生きるのかというと、寿命は、平均20年くらいです。結構長生きなんですね。

スポンサード リンク



まとめ!オオコウモリについて

オオコウモリの生態や飼育についてご紹介しました。

普通のサイズのコウモリでさえ苦手な人は、超巨大なオオコウモリは見るだけで恐ろしい思いに駆られるのではないでしょうか。

コウモリもオオコウモリも、病原菌を運ぶ生き物として恐れられてもいます。

コウモリにも、血を吸うもの、虫を食べるもの、果物を食べるものなどいろいろいるんですね。

オオコウモリは見た目の恐ろしさに反して結構かわいい餌食べてるんですね。

以上、オオコウモリについてご紹介しました。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする