オーストラリアのちょっと怖い生き物一挙ご紹介!

今回は、オーストラリアの生き物のうち、ちょっと怖めの生き物についてご紹介します。

先ほど、オーストラリアの生き物で、かわいい生き物編超危険生物編をご紹介しましたが、今回は、その中間を縫いましてちょっと危険な生き物について。

オーストラリアには、本当にいろいろな生き物がいますね。人間に害を加えることは少ないけれど、関わると危険な生き物についてご紹介します。

オーストラリアのやや怖い生き物

ハリモグラ

オーストラリアに生息するハリモグラは、背中に針山を背負っている生き物ですね。生き物の分類としては、カモノハシに似ている生き物です。

ただ、カモノハシは水辺に住むのに対して、ハリモグラは蟻さえあれば陸上のどこへでも行きます。蟻さえあれば住む場所を選びません。

一匹で行動する非常にたくましい生き物です。あの針山のおかげで、蛇に襲われても大丈夫。

あの針は、先に小さな返しが付いていて、一度刺さったらなかなか抜けません。

ハリモグラを絞め殺そうとして、逆に針が深々と体中に刺さり、針だらけになってハリモグラに逃げられた蛇もいました。

ハリモグラは、敵に回すと恐ろしいですね。触らぬハリモグラに祟り無しです。蛇からさえも、どんな天敵からもおそらくあの針さえあれば逃げられるでしょう。

ハリモグラだかハリネズミだか、どちらかがある家の窓から頭の上に落ちてきて、大怪我をしたご婦人もいたと思います。そんな記事を見た記憶が。

ハリネズミかハリモグラを飼う人は、ソファーなどにいるのに気付かずに自分がおしりに敷かないように気を付けるのと、窓からハリネズミを落とさないように気を付けてくださいね。

ラーテル

お次はオーストラリアに住むラーテルという生き物についてです。

ラーテルというのは、ハチミツが大好きな生き物です。

ラーテルは、蜜教えという小鳥とタッグを組んでハチミツを取ります。

ハチミツが好きな生き物で、思い浮かぶのはプーさんというくまがいますね。

しかし、ラーテルはあのような可愛らしい見た目はしていません。

全体的に、たくましくて皮膚が分厚いです。すぐにほつれてしまうプーさんとは違います。

そして、ラーテルは地を這うように低姿勢でありながらも、馬で言うパッサージュという走法(とても収縮した速歩)で長距離を走り回ります。

蜜教えとラーテルの出てくる動画を見ると、まるでドラマみたいに次々ラーテルの障害になる敵が現れるんですよ。それにもめげずにハチミツをゲットしていくはとラーテルを見ると、野生のたくましさというものを感じます。

動画はこちら。
https://m.youtube.com/watch?v=tu0s4s1E0vU

そのラーテルですが、怖いもの知らずなことでもよく知られています。

例えば蛇の神経毒に耐性があることから、噛まれても数時間死んだように動かなくなってしまうだけで、数時間したら毒も解毒されて生き返ります。

また、背中に丈夫な皮を持つので、ライオンさえもラーテルには牙や爪の攻撃が効きません。ラーテルをひっくり返せればお腹の方は柔らかいので攻撃が効きますが。

ライオンが、ラーテルに手こずって苦戦している動画も確かありました。

ラーテルは、小さめの体ですが防衛力が強くてライオンも毒蛇もなんでも食べようとします。人間さえも捕食しようとするので怖いもの知らずです。

また、スカンク的防衛力も備わっています。おしりの臭腺から臭い液体を噴出することができます。危険を感じた時のとっときです。

基本的に一匹で行動します。イノシシやら、ハイエナやらに小突き回されても逃げながら必死でたくましく生きているんですね。

スポンサード リンク



パイソン

パイソンは、オーストラリアにいる蛇です。ニシキヘビ科。超巨大な蛇です。9メートル超えにもなることがあります。最大全長は990センチ。

オーストラリアでは、洋服など取り扱っているお店などに出没することもあります。

また、トイレの便器に出没することもあります。トイレに座る前に要確認です。これは、オーストラリアに居たら靴を履く前とトイレに座る前に中を覗き込んで確認するのはデフォになりそうです。

靴の中には、蛇ですや毒蜘蛛も入っている可能性があります。オーストラリアは意外と過酷です。一部の地域だけかもしれませんが。

ところでパイソンの餌は、オオコウモリや巨大トカゲを丸呑みして食べます。

大型のパイソンは、人間も捕食することがあるので注意が必要です。

毒はないです。

オオコウモリ

オオコウモリは、オーストラリアなど熱帯に住む巨大なコウモリです。写真を見たら、きっとビビることでしょう。

コウモリが苦手な人は、写真を閲覧しないほうがいいです。

オオコウモリは、病原菌を運ぶという意味で怖いです。食性は果物とかだから怖くないです。フルーツバットと呼ばれることも。

スポンサード リンク



生き物ではないが…ヒョウ

オーストラリアは、ヒョウが空から降ってきます。これは、動物のヒョウではなくて気象現象のヒョウです。

しかも、ビリヤード玉よりでっかいヒョウですから、結構怖いですね。

オーストラリアに行く人は、天気予報に注意を払いましょう。

まとめ!オーストラリアの怖い生き物

オーストラリアの、やや怖い生き物についてご紹介しました。

個人的に気に入っているのがラーテル。あとハリモグラ。

守る力が強いと、敵なんか気にせずどこにでも行けていいですね。

以上、オーストラリアのやや怖い生き物についてご紹介しました。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする