ハムスターのくしゃみは風邪?不機嫌?対策法!

今回は、ハムスターのくしゃみについて原因や対策法をご紹介します。

ハムスターのくしゃみは、まずどんな音かというとぷしッというような音です。

ハムスターは、結構病気になることも多い生き物ですからアレルギーとか風邪とかでぷしッぷしッくしゃみをすることが考えられます。

ハムスターのくしゃみの原因について確認していきましょう。

ハムスターのくしゃみはどんな意味?

不機嫌な時の鼻息

まず、病気と関係ないハムスターのくしゃみもあります。

ハムスターが不機嫌な時は、ぷしッぷしッとくしゃみみたいに鼻息を噴出していることもあります。

ぷしッぷしッというのは、人間で言ったらフンッ!みたいなものでしょうかね。

ハムスターが不機嫌なのはもしかしたら、気温が適切でないから体が不快なのかもしれませんし、飼い主さんがハムスターの大切に貯蔵していた餌を勝手に取り上げてしまったのかもしれません。

ハムスターにとってフンも非常食として溜め込んでることがありますから、餌と一緒に溜めてある糞をお掃除してはいけません。ハムスターがストレスに感じます。

さらに言えば、ハムスターはケージそのものが不満かもしれません。詳しくは「地下型の巣箱」というサイトをご覧ください。

そのサイトによれば、ハムスターが病気になったり問題行動を起こすのは、ハムスターが地上という本能的に警戒してストレスを感じる環境で飼うからです。

地下型の巣箱を与えれば、ハムスターが安心して過ごすことができ飼い主さんにももっと懐くようになります。そんな評判です。

スポンサード リンク



アレルギーのくしゃみ

ハムスターがくしゃみをするのは、アレルギーかもしれません。

床材がハムスターに合っていないとか。食べ物で何かハムスターのアレルギー源があるとか。

そのような原因でハムスターがくしゃみをすることがあるので、動物病院のところでくしゃみの原因になってあるアレルゲンを検査して特定して取り除いてみましょう。

風邪

ハムスターが、風邪を引くこともあります。ハムスターが風邪を引くのは免疫力が落ちたなどの理由があるからです。

細菌感染症ですね。肺炎とかにもなってしまうかもしれません。

ハムスターの免疫力が低下するのは、常にストレスがあるからだという説が濃厚です。もちろん、年寄りのハムスターは若いハムスターに比べると免疫力は劣って当たり前ですが。

しかし、ハムスターが免疫力を落とさないように、飼い主さんにもできることはあります。ケージが、地上を感じさせるものだとハムスターが本能レベルでストレスを感じてしまうのです。これはハムスターが代々天敵から身を守っていくために必要な本能ですから、地上で警戒するなというのは無理があるのです。

いくら今のケージ環境が安全な飼育環境であり、餌も毎日与えてもらえるということをハムスターに伝えようとしても、ハムスターには理解できませんから餌を貯蔵したり狂ったように脱走しようとしたりするのです。

ハムスターが安全だと理解できる地下型の巣箱を与えてあげてください。そうすればハムスターが感じているストレスは解消して病気にもなりにくくなるでしょう。

まとめ!ハムスターのくしゃみの対策法

ハムスターのくしゃみは、いろんな原因があるのが分かりましたね。

くしゃみは、ホコリとか床材とかが鼻の穴な入ったりして一時的にぷしッとくしゃみをすることもあるでしょう。

なのですぐに止まるくしゃみなら別に心配いらないと思います。

でも、ハムスターがくしゃみを続けてするのはハムスターにとって何か体に異変が起きている可能性が高いですから、ハムスターのストレス対策や、免疫力を高める栄養剤(水に溶かすやつ)とか、動物病院で診てもらうとか対策しましょう。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする