ハムスターが一人暮らし向きな理由

今回は、ハムスターが一人暮らしに向いているペットなのかというのをご紹介します。

ペットの中でも例えばインコとかは、餌切れが心配ですしアパートとかだとインコのうるさい鳴き声が苦情のもとになることもあります。

また、インコは精神的な部分で一人暮らしに向きません。寂しがりやなので、仕事の間一人にしておくとインコはストレスを溜めて毛引きとかをしてしまうかもしれません。

その点ハムスターはインコほど飼い主さんに精神的にベッタリになることはなく、自立しています。

どちらかというと世話も簡単で、一人暮らし向きのペットです。

ではハムスターの習性や、ハムスターのお世話の仕方など確認していきましょう。

スポンサード リンク



ハムスターは一人暮らし向き?

活動時間のズレ

ハムスターは、基本的に昼間は眠っています。夜行性の生き物だからです。

日暮れ頃から夜にかけてハムスターはのそのそと起き出してきます。

飼い主さんが眠る頃も、まだ起きていてゴソゴソ音をさせたり回し車をカタカタ走っています。

回し車は、走らないハムスターもいますが性格によります。回し車の音がうるさくて眠れないという飼い主さんもいます。

回し車の音を静かにさせる方法は、このサイトの別の記事でもご紹介していますので必要ならご確認ください。

逆に、ハムスターのゴソゴソ言う音が癒やしになるという飼い主さんもいます。

スポンサード リンク



掃除や餌

掃除はマメに行わないほうがハムスターのためです。ハムスターは、臭いが消えると混乱してしまいます。ストレスになります。

ハムスターは、縄張りに自分の臭いをつけて移動しています。おへその臭腺から自分の臭いを出して、マーキングしています。ちなみにジャンガリアンハムスターの場合はおへその臭腺、ゴールデンハムスターの場合は腰の両脇にある臭腺から。

掃除で気を付けるのは、ハムスターの溜めた餌やフン(フンもハムスターには非常食)を勝手に巣箱から取り除かないことです。

また、トイレも全部取り替えずに砂の固まったところだけ取り除いて新しい砂を足すという感じがいいようです。

ハムスターの場合は、清潔にしすぎないことというのがお世話のポイントです。水浴びさせる必要もなく、というか水浴びさせるのはハムスターにとってNGです。体温調節苦手だから。

これは、一人暮らしの飼い主さんにおあつらえ向きの世話が楽な生き物ですね。

スポンサード リンク



なつくけど自立してる

ハムスターは、人間に飼われる前はどんな感じで暮らしてきた生き物なのかというと、基本的に砂地の広い縄張りを持ち、一匹だけで暮らしている生き物です。

もちろん繁殖期子育て期は別として、ほとんどの時間を一匹だけで暮らしているので基本的に飼い主さんに懐くことはあっても依存することはありません。

しかも昼間家を空けてもハムスターは眠っていますしね。なのでハムスターの精神的な面でもこのペットは一人暮らしの人が飼うのに向いています。

暑さ寒さ

暑さ寒さというのにハムスターは弱いです。暑いと感じる温度、寒いと感じる温度のキャパシティーが狭くて、温度管理は几帳面に行わないとハムスターが体調を崩してしまいます。

寒いと擬似冬眠してしまいますし、暑いと熱中症に。ちなみに野生のハムスターの巣穴というのはいつも通年17度くらいなのだとか。季節がないんですね。

スポンサード リンク



最後に。ハムスターは一人暮らし向き?

ハムスターは、温度管理が日本の気候ではやや難しいですが、小型ですしうるさくありませんからご近所からの苦情にもなりにくいですし、一匹にしておいてもハムスターの本来の習性に適っているので孤独がストレスになることはありません。

ですから、家を留守にする一人暮らしの人でもハムスターは良いペットと言えるでしょう。

最後に、ハムスターを飼うなら地下型の巣箱というケージ環境をぜひ導入してください。

ハムスターは、金網ケージのような「地上」だと感じる環境だと極端にストレスが溜まります。本来、ハムスターにとって巣穴とは地下に作るものであり、地上はいつ天敵に襲われるか知らん危険な場所だからです。

ハムスターが地上ではなく地下だと感じられる住居が、地下型の巣箱というものです。ハムスターが金網ケージを狂ったように噛み続けたり、飼い主さんを噛むようなことは、地下型の巣箱で飼えば起こりません。

それらの問題行動が治りますし、ハムスターももっとよく人間に懐くようになるという評判があります。

ハムスターはストレスによって病気になりやすく、その短い人生(2〜3年)をなるべく健康で過ごさせてあげたいですね。ぜひ地下型の巣箱というサイトをご覧になってみてください。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする