ラーテルの天敵は蜂?蜂によるショック死には勝てない…

今回は、ラーテルの天敵が蜂であるというお話です。

ラーテルは、世界最強な生き物といってもいいですね。

ライオンにもハイエナにも、毒蛇にも恐れず立ち向かっていくという不敵さが人気を博しています。人間も捕食しようとすることがあるので、小さな体に見合わず怖いもの知らずということで周知されています。

そんなラーテルの天敵ですが、ライオンもハイエナも怖くない、毒蛇も怖くないというラーテルに天敵は果たしているのでしょうか。

もちろん、ライオンやハイエナだってラーテルをうまくひっくり返せさえすればあの鋭い爪や牙で一撃に留めることができるでしょう。

背中の皮膚とは違って、お腹側はライオンの爪が通る柔らかさだそうですからね。例えば毒蛇に噛まれて数時間ひっくり返って気絶している間に、ライオンとか他の生き物にとどめを刺されたらラーテルもおしまいなわけですね。

しかしラーテルもなかなか隙を見せるような真似はしませんから、分厚い背中の皮によってラーテルはライオンとも五分五分に闘うことができます。

毒ベビの毒も効かないというラーテル。では、天敵はいないのだろうか?という疑問に対して「蜂」が死因になるという情報が出てきました。

ラーテルの天敵は?蜂

ショック死

ラーテルの天敵は何かというと、蜂です。

ハチミツを狙って蜂に刺された時に、ショック死するということもあるみたいですね。

もちろん蜂に刺されて死ぬ確率はそんなに高くないとは思いますが。死亡率がそんなに高かったら流石にラーテルもハチミツを狙い続けるという本能?は撤退されていくのではないでしょうか。100匹目の猿現象というのがありますが、第六感に働きかけて仲間内に伝わっていくものがあるでしょう(100匹目の猿現象については否定している説もありますが)。

しかし、ラーテルは別にハチミツを主食にしているわけではないはずです。ハチミツはただのおやつみたいなものなのではないでしょうか。

食肉類ですから、蛇とか動物のお肉が主食のはずですよね。わざわざ自分から蜂にちょっかいかけなければ刺されることもないので、ラーテルはやっぱり天敵といえる天敵はいなくて、結構無敵と言っていいのかもしれません。

スポンサード リンク



隠れた天敵は…ミツオシエ?

しかし、大好物のハチミツをなめたいばかりに刺されて死んでしまうというのもなんだか悲しいような気がしますね。

ハチミツを狙って大変なことになって痛い目を見るのはラーテルもですがプーさんも同じですね。

ラーテルの天敵は、蜂の毒。共犯者はミツオシエということでいいのでしょうか。

ラーテルが蜂に刺されてショック死した後、何食わぬ顔でハチミツをすすっているミツオシエの姿を想像するとなんだか…ですね。

ラーテルがミツオシエに道を教えられてハチミツを狩りに行く様子の動画もありますね。

YouTubeで、英語でhoneyなんたらかんたら〜というタイトルで表記されていたと記憶しています。

実に鮮やかな動画というか…初めて見た時ラーテルの動きがやけに芝居がかって見えて、これってCGの映画でないの?と疑ったくらいでした。

ミツオシエの飛び方が、これまたディズニー映画とかでありそう!と思いましたね。

ラーテルに次々、穴からイノシシが飛び出てきて追われて崖から転がり落ちたり、そうかと思ったらハイエナがのそのそ出てきて行く手を塞いだり、この攻防が作り物みたいに見えましたね。野生の動物は毎日がこんなドラマティックなのですね。

まとめ!ラーテルの天敵

ラーテルの天敵についてご紹介しました。直接的には蜂、間接的にはミツオシエということでよろしいですか?

ラーテルは、健気にたくましい感じが個人的に好感を持っております。

短足でどてっとした体型でのそのそ動くところがまた可愛らしくて良いですね!

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする