ハムスターのキンクマの特徴や飼い方!

今回は、ハムスターの中でも特にキンクマの特徴についてご紹介します。

キンクマは、ゴールデンハムスターの代表的なのに種ですよね。

ハムスターはゴールデンハムスターやジャンガリアンハムスター、チャイニーズハムスター、ロボロフスキーハムスター、キャンベルハムスターなどたくさんの種類がいますがゴールデンハムスターだけを見てみても、毛色によってたくさんの品種があります。

では、ハムスターのキンクマの特徴について確認していきましょう。

ハムスターのキンクマの特徴

歴史

キンクマという品種は、ゴールデンハムスターを人間の手で品種改良して生まれました。

なのでキンクマは原種ではないので野生には存在しないんですね。

温和でおとなしく、人懐こい性格が特徴です。

体の特徴

キンクマは、ゴールデンハムスターより大きな体長が特徴です。

キンクマは、体重がオスで85〜130でメスは95〜150です。キンクマは、メスのほうが体格が良いのですね!

ハムスターはすべてメスのほうが体格がいいわけではなくて、オスのほうが体格がいい品種もあります。

体の色は薄いベージュ1色ですね。

寿命は2年、3年くらいです。

病気

ハムスターは、病気になりやすいです。それはハムスターが抱える環境によるストレスが原因だと言われています。

ハムスターは、習性のために地上では全く安心できません。地下に掘る巣穴の中で代々暮らしてきたからです。地上では天敵に襲われたら命が終わりますから、ハムスターは本能で地上では気を張り詰めています。

平和そうな外見からは想像がつかないですけどね。

でも、飼い主さんの指を噛んだり、ケージを噛んだり脱走したがったり、新聞紙の下に潜ったり、ストレスで太り過ぎたりなどストレスのサインはあるんですよ。

地上では、ストレスがかかりまくっています。なのでストレスで活性酸素が発生して脱毛や皮膚炎などの炎症性疾患になったり、ウェットテイル(下痢病)とか胃炎になることもあります。

ウェットテイルはハムスターにとって辛いようで、木くずを口に詰め込んで自死することもあります。げっ歯類はしばしば自死するといわれています。痛ましいですが、ハムスターがそんなことにならないように、病気リスクを減らすためにストレスを減らしてあげましょう。

スポンサード リンク



ハムスターのストレス

ハムスターに何がストレスになるかというと、第一にはケージ環境。

「地下型の巣箱」という巣箱がおすすめです。今現在のケージにストレスを感じているかテストする方法もあります。

牛乳パックとトイレットペーパーの芯を使って加工したものを使います。詳しくは、地下型の巣箱のサイトにあるので調べてみてください。ハムスターのためにぜひお願いします。

それから、飼い主さんの接し方です。たとえ地下型の巣箱を用意しても、掃除の仕方やハムスターとの接し方を間違えるとストレスになり意味がありません。

その辺の詳しいことは、地下型の巣箱の取り扱い説明書というのをダウンロードして読んでみてください。無料です。

ハムスターにとって何がストレスなのか、どう飼育したら良いのかとても勉強になります。

まとめ!ハムスターのキンクマの特徴

ハムスターのキンクマの特徴についてご紹介しました。

キンクマは、ゴールデンハムスターよりは野性的本能が薄れているのかもしれません。

しかし、ハムスターがストレスを感じない安心できるケージ環境を整えてあげたいですね。

ハムスターが、優しい表情になったり、飼い主さんになつくようになったりなど良い変化も見られるようですからぜひハムスターのためにも、ハムスターと仲良くなるためにも地下型の巣箱を用意してあげるのをおすすめします。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする