オカメインコと旅行について!連れてく時の注意・留守番させる時の注意

今回は、オカメインコを連れて旅行に出かけるときの注意点や、オカメインコを留守番させて旅行に連れて行く時の注意点についてご紹介します。

オカメインコというのは、臆病で些細なことに驚きやすい、パニックしやすいという性質があります。一緒に旅行に連れていくのにはちょっと工夫しなくてはいけないでしょうね。

それに、寂しがり屋ですからお留守番させるのにも気が引けますね。留守中に地震や災害が起きる可能性もありますし、餌切れ水切れが心配ですから一匹でお留守番させるのはやめたほうがいいでしょう。

オカメインコと旅行に行く場合と、家に置いていく場合にはどうしたら最適なのか確認してみましょう。

オカメインコを旅行に連れて行く場合

水はこぼれる?

オカメインコのケージ内の水入れ。移動中に水がこぼれてしまうこともありますね。オカメインコにかかったら風邪を引いてしまうかもしれません。

移動中は、水入れは空っぽで大丈夫です。その代わり、キュウリなど水分の多くてオカメインコが食べても大丈夫な野菜や果物を入れておきましょう。

パーキングエリアとか、休憩するときに水入れに水を入れて飲ませてあげれば大丈夫です。

餌に関しても、移動しているときはあんまり食欲がないこともあります。宿で落ち着いてから餌を食べだすでしょう。

パニック対策

オカメインコのパニック対策には、目隠しカバーがいいでしょう。

目隠しカバー付きのケースに入れて連れていきましょう。それから、コストは高くなりますがおすすめなのがアメリカ製のバッグで、セルティというバッグです。

背中に背負うリュックタイプで、両手が使えます。オカメインコを背負っていけますよ。メッシュなので通気性もよく程よく目隠しになってオカメインコも落ち着くと思います。

セルティのバッグを購入して使っている飼い主さんのブログを見ていたら、ものすごくお気に入りになってしまったオカメインコもいるみたいですよ。

バッグの中のオカメインコの収まるところに、オカメインコの好きなおもちゃとか釣る下げておくと、オカメインコが嫌がらずにむしろ進んでバッグに入ってくれるのだとか。

ほかのケースだと、嫌がって逃げ回るので通院するたびに部屋中追いかけ回してやっとケースに収めるという感じだったのにね。と飼い主さんもお喜びです。

そして何より、旅行中オカメインコが退屈せずに移動できますよね。

スポンサード リンク



暑さ寒さ対策

オカメインコの暑さ寒さ対策ですが、旅行中の気温が暑くなってしまったり寒かったりすると、オカメインコは体調を崩すかもしれません。

夏なら保冷剤をタオルにくるむなどして入れていき、冬ならホッカイロをケースに貼っていくといいでしょう。

保冷剤の水滴が垂れるままにしている…そのほうが水分補給にもなるから。といっている飼い主さんもいるのですが、保冷剤、清潔ですか?保冷剤は冷凍庫に入っていますが、冷凍庫内にお肉を保存している家庭の冷凍庫内は結構菌がすごいです。

溶けてきた保冷剤の水滴はなんだか臭うし、触ったら肌に炎症が出て痒くなってしまったこともあります。

お肉と一緒の空間で保存している保冷剤は、除菌しないとオカメインコに悪いかもしれないですよ。

ホッカイロを使う場合もオカメインコがやけどしないように気をつけてくださいね。

保冷剤はだんだん溶けますから、旅行先で自動販売機で冷たいジュースを買うとか、温かい缶を買うとかしてタオルでくるんで置いとくと良さそうですね。

スポンサード リンク



オカメインコを旅行中留守番させる場合

■預かり先を探す

やっぱり、オカメインコ一匹で留守番させるのは何日もになると危険です。

夏なら熱中症になるかもしれませんし、餌をこぼしたり水をこぼしたりしたら危険ですよね。地震も多い国ですからそこも心配です。パニックを起こしたら出血することもありますよね。なだめてあげる人が誰かいたほうが良さそうです。

しかしオカメインコは住み慣れた環境でないと落ち着かずに食欲をなくしてしまう場合もありそうです。

できればいつもの部屋に置いたまま、家族や親族などに様子を見に来てもらうとオカメインコにはいいですよね。

もちろんその場合は、旅行に行く前に何度かオカメインコと顔合わせをして慣れてもらうほうがいいでしょう。

それから、そのような親類がいない場合はペットホテルに預けるというのも手段です。オカメインコには寂しい思い、不安な思いをさせてしまいますが、旅行中ペットホテルならしっかり面倒見てくれるでしょう。

まとめ!オカメインコの旅行

オカメインコを旅行に連れて行く場合と、連れて行かない場合について適切な対策法をご紹介しました。

オカメインコは、心の繊細な鳥なのでお留守番してもらう場合は旅行に行く前に特別甘えさせてあげるタイムを設けましょう。そうすると、オカメインコからのストレス反応がだいぶ違うと感じている飼い主さんもいます。

旅行の前に甘々させてあげなかったら、毛引き症になってしまい羽を自分で引っこ抜いていたというオカメインコも。

それから、オカメインコを旅行に連れて行く場合ですが、流石に長期の旅行になるとオカメインコがショボンと元気がなくなってくるそうです。平気なオカメインコもいるかもしれませんか、3泊もするとオカメインコには負担になりショボンとする場合もあるようなので、旅行に連れて行くか行かないか、旅行の日数を決める目安にしてくださいね。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする