ハムスターの埋葬の注意点や埋葬の種類

今回は、ハムスターの埋葬の注意点や種類についてご案内します。

ハムスターを飼っていればいずれはお別れしなくてはいけない日がやってきますから、埋葬については飼うときに考えておきたいですね。

ハムスターの寿命は2年〜3年ほどですからね。ハムスターが寿命を迎えたら、具体的にどのように弔ってあげるのか考えておきましょう。

事例としては、知識がなくて海岸に埋めてしまったためハムスターが土に帰れずもう一度掘り返して埋めなおすということもあります。

火葬してもらうという選択もありますが、集団火葬だとお骨が帰ってこなかったりというデメリットもありますね。

ハムスターにとってというより、飼い主さんにとって納得の行くお別れをするためにハムスターの埋葬についてご紹介します。

スポンサード リンク



ハムスターの埋葬について

土葬の手順

まず、埋葬の前にハムスターを清めます。別に人間の埋葬ではないので必須ではないですが、できればこれまでのハムスターとの思い出を思い出しながらやさしくハムスターの遺体を清めましょう。

ハムスターの遺体は、濡れタオルなどで拭いてあげて清めたら、紙の箱に入れたりティッシュペーパーにくるんで土に埋葬します。

紙の箱も土に帰るので箱ごと埋めて大丈夫です。紙の箱は棺代わりです。中にハムスターの好きだった餌とか入れてあげても良いでしょう。

ところで埋葬する場所は、家の庭があればそこが一番でしょう。ない場合は、深めのプランターに土を盛ってハムスターを埋めます。

スポンサード リンク



ハムスターの周りにお花の種を蒔いてあげると、咲いた時いい感じに綺麗にご供養できますよ。

注意点は、ハムスターは小動物とはいっても公園など公共の場所に埋めてはいけません。

虫が湧いたりすると迷惑になりますからね。もし発覚したら法律で罰則があります。防犯カメラのある公園もあります。

はじめから自分の庭かプランターで埋葬しましょう。

メモリアルストーンなんてのもあります。

スポンサード リンク



火葬

火葬は、集団火葬だとハムスターのお骨は返してもらえません。他の動物たちと一緒に火葬されて埋葬されます。

その代わり料金は安いです。個別の火葬は、料金は高いですがお骨を返してもらえます。

ハムスターを亡くしたら、わざわざ火葬に持っていかずに一般ゴミの焼却所で焼いてもらう人もいます。猫とか犬とかは抵抗がありますが、ハムスターとかカナリヤとかの小動物はそのような感じにゴミ焼き場で焼いてもらう人もいます。

もちろんお骨は帰ってきませんが、飼い主さんの心情的に納得いくならそのような埋葬の仕方でも良いのではないでしょうか。

火葬がすぐに行えないという場合は、なきがらが腐らないように冷蔵庫とか涼しいところで保存しておきましょう。

スポンサード リンク



まとめ!ハムスターの埋葬方法

以上、ハムスターの埋葬方法についてご紹介しました。

ハムスターは短い命ですが、心臓の鼓動はなんとゾウさんと同じだけ打って終わるんですってよ。

ハムスターの短い一生には、飼い主さんとの思い出がたくさん詰まっていますからね。

感謝を言って、ハムスターとお別れしましましょう。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする