ハムスターの頬袋の構造!詰まると膿が!?詰まる原因

今回は、ハムスターの頬袋の構造や、頬袋から餌を出さず詰まるという現象についてご紹介します。

ハムスターの頬袋の構造上、食べ物を頬袋いっぱいに詰めると頬というかもうお腹の方まで食べ物がいっぱいに詰まってポコポコ状態になります。

愛嬌いっぱいに見えるハムスターの頬袋。しかし頬袋に餌を詰めたまま吐き出さない状態が続く「詰まる」という現象が起こるというのは、ハムスターにとっては「ケージが安全な場所でない」と感じているサインです。

ハムスターの頬袋から綿棒などでむりやり取ろうとすると、ハムスターは人間不信になり良くありません。根本的にはケージ環境を変えるしかないのですが、どのように変えればハムスターが安心して餌を吐き出してくれるか、確認して行きましょう。

スポンサード リンク



ハムスターの頬袋

頬袋の構造

頬袋はハムスターの肩まであり、伸び縮みします。ハムスターの頬袋は、いっぱいに食べ物を詰めるとハムスターの全長の3分の1ほどまで膨らむことができます。

頬袋が体のかなりの割合を占めるということですね。野生のハムスターは、このようにして食べ物を集めて巣穴に持っていき、吐き出します。

頬袋に入れていた食べ物は唾液がついてばっちく思えますが、ハムスター同士の間では自分の食べ物というマーキングにもなります。

ハムスターでも頬袋にうっかり食べ物を詰めすぎてイタタ…となることがあるそうです。自分のお手てでほっぺの頬袋を押して餌を押し出します。

頬袋は、餌のみならず赤ちゃんハムスターを入れて移動することもあります。

スポンサード リンク



頬袋が詰まるのを解消するには

ハムスターはなぜ餌を頬袋に詰め込むかというと、安全な巣穴に餌を運び込むためです。

ハムスターは、飼い主さんがいつも餌を上げるから貯める必要なんてないとか、そんなふうな状況を理解していません。犬や猫とは違うのだそうです。

なので、実は結構な危機感を持って、本能的に行動していますから餌や糞を貯蔵することがあります。糞はハムスターにとっていざという時の非常食です。

頬袋に糞を溜めていることもありますが、衛生的に良くないので頬袋が炎症するリスクもあります。

食べ物もずっと頬袋にいれといたら炎症する原因になります。

なので頬袋からは餌をすぐ出すのが理想的なのですが、ハムスターは不安を感じていると食べ物を頬袋から出そうとしません。

ハムスターのケージ内の巣穴にある食べ物や、糞などを掃除で取り除いてはいけません。腐りそうな生物以外は…あとは、干からびてゴマみたいになった糞以外は巣穴から取り除いてはいけません。

スポンサード リンク



ハムスターの巣穴に侵入者がいて食べ物を取っていったと認識しますから、ハムスターは安心できずた食べ物を頬袋に溜めたままにするようです。

ハムスターは、本来砂地に掘る地下の巣穴に暮らしています。そして餌を取るときや巣材を取るときや伴侶を探す時だけ地上に出てきますね。

地上では適から食べられるかもしれないので、とても警戒しています。ピンと張り詰めています。敵に敵より早く気づき、フリーズして固まるなどの技で見つからないように身を隠すのです。

ハムスターは、ケージの環境を地上だと思っています。安心できる巣穴というのは本来地下にある巣穴です。ハムスターがやっと通れるくらいの穴の空いた、空気の流通が少ない巣穴。部屋は幾つかに分かれてトイレと貯蔵室と寝室…など分かれています。勝手に巣穴が掃除されてしまうことはないのでハムスターにとって安心できる巣穴です。

このようなハムスター本来の環境を再現したのが、地下型の巣箱というやつです。地下型の巣箱というサイトを見てみてください。

スポンサード リンク



ハムスターとの良い関係を作れるきっかけにもなるてしょう。ハムスターは、安心できる巣穴が得られたら自分の方から人に近付いて興味を示しますから普通のケージで買うよりも飼い主さんによく馴れて、仲良くなれるそうです。

ハムスターにとっても幸せ、飼い主さんにとっても幸せ、という良い循環が生まれるわけです。

まとめ!ハムスターの頬袋

ハムスターの頬袋の構造や詰まるという現象についてご紹介しました。

ハムスターの頬袋が炎症を起こしたらハムスターの頬袋から膿が出る原因にもなりますから、気をつけてくださいね。

ハムスターの頬袋の健康も、ハムスターのその他全体的な健康も、安心感も、全てはケージの環境が原因で、ケージ環境さえ整えればハムスターはストレスから解放されて病気にもなりにくく、飼い主さんを噛むような問題行動も起こさなくなります。

ハムスターは脱出する執念が強いということでよく知られますが、ハムスターにとってはケージなんて安心できないから安心できる巣穴を探したいという欲求があったからなんですね。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする