ハムスターとネズミの違いはしっぽだけではない?

今回は、ハムスターとネズミの違いについてご紹介します。

ハムスターが好きな人で、ハムスターとネズミの違いについて考えたことのある人は多いのではないでしょうか?

ネズミも画像を見てみるとハムスターと同じくらい可愛い見た目をしているのに、一般的にはネズミは忌み嫌われることや実験に使われてしまうことが多く、ハムスターは大切に飼育され可愛がられているというイメージですね。

ネズミはしっぽがミミズみたいな質感で気持ちが悪いという意見はよく聞きます。

実は、ハムスターの中でもチャイニーズハムスターはネズミと同じようなミミズみたいなしっぽをしているのですが、それでも大半のハムスターはその「おしりが可愛い」「ハムケツ最高!」と言われるくらいです。

気持ち悪いどころか、まんまる尻に丸いしっぽがくっついているハムスターのおしりは、多くの人の癒やしになっています。写真本まで販売されているくらいですよ。

そんなハムスターとネズミ、しっぽの違いくらいならパッと見で分かりますが、他には習性とか人間との関係とかどんな違いがあるのでしょうか。詳しく確認して行きましょう。

ハムスターとネズミの違い

習性や見た目

ハムスターも夜行性、ネズミも夜行性。ここまでは同じです。

しかし、ハムスターはとても縄張り意識が強くて、単独行動します。もともと広い砂地に住んでいたからでしょう。

ゴールデンハムスターでも、ジャンガリアンハムスターでも、多頭飼いすると喧嘩して亡くなるハムスターも出てしまうことがあります。

ロボロフスキーハムスターはジャンガリアンハムスターより小さなハムスターですが、喧嘩しないと言われていますが気の弱さゆえからで、本当はストレスになっているかも分かりません。

それに対してネズミは何匹かで群れを作って集団で暮らし、巣穴を守ります。

見た目はネズミのほうが顔が細くて前に出ていますね。ハムスターのほうがコロッとまあるいです。

しっぽもネズミは細長いです。ハムスターはまるいです。

見た目の違いはこんなもんですね。ハムスターのほうがコロコロまるいので、より可愛くて愛玩動物という感じがします。

チャイニーズハムスターは、顔はどことなくネズミっぽさもありハムスターっぽさもありの中間的な顔立ちです。

スポンサード リンク



人間との関係

ネズミは家の中に侵入してばい菌とか尿糞とかの被害をもたらしますね。

騒音の問題もあります。尿や糞によってダニが大量発生することも。ドブネズミは、ばっちいので害獣扱いです。

ペットとして購入して飼育するハムスターと比べると、勝手に家の中に侵入してくる迷惑者というイメージがあります。

人間との関係は基本的に悪く、海外では特にネズミはゴキブリより敵視されているようです。

ハムスターは、ペットとして人間に愛されています。飼い主の中にはハムスターをい○めたくなる、という人たちも一定数以上いるようですが基本的には可愛がられていますね。

ハムスターはケージを噛み続けたり、飼い主を強く噛んで流血したり、脱走しようとしたりなどの問題行動をすることもありますが、それはハムスターを適切に飼えていないからです。

ハムスターを適切に飼えていれば、人間を噛んだりすることは決してありません。

ハムスターは、そもそも野生の本能がまだまだたくさん残っているので、ケージのような環境は本来の砂に掘る巣穴とは全く違いますから安心して眠ることさえできない状態です。

餌探しのために地上に出れば、いつなん時天敵に狙われるかもしれないので常に気を張り詰めて敵に気づいたらすぐに隠れるようにという本能が働いています。

この本能は、ケージの中でも常に働き続けています。ケージの中の環境はどちらかというと巣穴より地上に近いのです。

回し車とか、かわいいハムスター用おもちゃとか、いっぱい敷き詰めたチップとか、そういうのは飼い主さんにとっては良さげな環境に見えてもハムスターにとっては安らげない環境なのです。

なので、ハムスターに本当に快適な環境を用意すべく「地下型の巣箱」というのを提案しているサイトがあります。

詳しくは、地下型の巣箱のサイトを見てみてくださいね。快適な環境を与えると、ハムスターから自発的に飼い主さんに興味を示してハムスターととても良き友達になれるそうですよ。

まとめ!ハムスターとネズミの違い

ハムスターとネズミの違いについてご紹介しました。

まとめると、ハムスターは、全体的にまるっぽくて可愛い見た目がウケてペットとしての地位を獲得しました。しかし、ハムスターにとっては一般的なケージの環境に飼われることは不幸である可能性が大です。

ストレスが進行すると、噛むなどの問題行動に留まらず皮膚炎とか毛が抜けるとか病気にも発展します。

ネズミは、古くから人間の家に住み着くことのある害獣でその被害は騒音や衛生問題など。人間とは戦ってきた歴史がありますね。

ハムスターとネズミの習性の違いは、単独行動と団体行動です。ハムスターの方が実は独立心旺盛でたくましい生き物だったんですね。砂地という特殊な環境で生きてきたためでしょう。砂地は餌が少ないので、他のハムスターがいると命に関わります。兄弟ハムスターでさえも縄張りに入られたらどちらか強いほうがが追い出します。

ネズミは人間に密着して餌を盗んで生きたりするので、餌はたくさんありますから何匹かで協力しあって巣を守って生きるという感じですかね。

以上、ハムスターとネズミの違いについてご紹介しました。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする