ハムスターの体重の適正は?肥満と痩せすぎに注意

今回は、ハムスターの体重の適正についてご紹介します。

ハムスターは、野生なら太りにくいですし餌の少ないことのほうが多いので餓死のほうが心配ですが、飼われているハムスターだと逆に太り過ぎの心配が出てきます。

野生のハムスターは、毎日縄張りを巡回する量も多いですしね。それに比べると飼われているハムスターは餌が多すぎ、運動少なめで太りやすいです。

また、ハムスターか太ることでいろんな病気のリスクが高まりますね。ハムスターの適性体重と、体重コントロールについて確認して行きましょう。

スポンサード リンク



ハムスターの体重の適性は?

ゴールデンハムスター

ゴールデンハムスターの適性や体重というのは、オスとメスとでも違います。ゴールデンハムスターは、実はオスよりもメスのほうが標準体重が多くて大柄なのです。

他のハムスターは、オスのほうが大柄だったりするんですけどね。ハムスターの種類によっても違うなんて面白いですね。

ゴールデンハムスターの適性体重は、オスで85〜130

メスで95〜150です。

スポンサード リンク



ジャンガリアンハムスター

ジャンガリアンハムスターと、あとキャンベルハムスターもですね。中型のハムスターです。

その標準体重ですが、オスは35〜45で、メスが30〜40です。

目安なので、もともとの骨格が大柄ならもう少し重くなったりしますし、運動で回し車をたくさん走っているハムスターなら筋肉がついて重くなると思います。

スポンサード リンク



ロボロフスキーハムスター

ハムスターの中で一番小型なハムスターですね。ロボロフスキーハムスターの平均体重は、オスメス区別ありません。

オスもメスも、平均体重は15〜30グラ厶くらいです。

ハムスターの体重コントロール

ハムスターは、どのように体重を減らせばいいのかというと、まずひまわりの種など高カロリーな高脂質なな餌を止めます。

ひまわりの種といえばハムスターというくらい、ハムスターにはひまわりの種が似合いますが、ハムスターにひまわりの種はおやつ程度の存在です。

主食はペレットを与えればよいですし、野菜も与えましょう。それから、動物性タンパク質も食べます。

野生のハムスターは、虫とか取って食べますからね。動物性タンパク質が不足すると飼い主さんの指とか肌の皮とかを狙うようになるという説もあります。

スポンサード リンク



なのて、動物性タンパク質も必要です。ハムスター用の肉の餌が売っています。

それから、ゆでたまごとか鶏肉とかもいいのではないかと思います。脂質があんまり多いといけないですよね。鶏肉ならささみとか鶏胸肉とかでしょうか。この辺はよく知らないので、また調べて記事にまとめたいと思います。

それから、ハムスターの餌にプラスして飲み水にビタミン剤を混ぜてみても良いでしょう。代謝が良くなって痩せやすくなりますよ。ビタミンB郡が特に。

あと、餌の量は急に減らすとハムスターが体調を崩すかもしれません。人間でも急なダイエットは危険ですよね。

数ヶ月かけるつもりでだんだん餌を減らしたり、お散歩に連れ出してよく部屋の中を巡回させたり、体重が減るように気長にダイエットさせましょう。

スポンサード リンク



まとめ!ハムスターの体重の適性は?

ハムスターの体重の適性についてご紹介しました。

ハムスターが無事に痩せられるように、餌を管理しましょう。

また、体重は重いけど特に見た目まんまるくなってないし、太っているように思えない場合は生まれつき大柄なハムスターとかの可能性もあります。

腫瘍とか腹水とかで重くなることもあるので、念のため獣医さんに診せたほうが良いかもしれません。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする