ハムスターが噛むのは非常事態(ハムスターにとって)環境を見直そう

今回は、ハムスターが飼い主さんの手を噛むという現象について、原因と対策をご紹介します。

ハムスターが飼い主さんに噛むのは、ズバリ「怯えた」「命の危険を感じた」という証拠です。

ハムスターは、ハムスターの習性を理解してストレスなく育てると飼い主さんを噛むことはなく、自ら飼い主さんに興味を示し、非常によいお友達になれます。

というのを、「地下型の巣箱」というサイトで読みました。ハムスターの現在の一般的なケージでは、ハムスターにとって「安心できる巣穴」ではなく「敵に狙われるかもしれない危険な地上」という認識をさせるために、ハムスターが常に張り詰めていてストレスを感じていて、ケージから逃げ出して安全な場所に行きたいがためにケージの金網を噛み続けたり、水槽型のケージならジャンプし続けたり、飼い主さんの手を噛んだりなど異常行動が見られるのだそうです。

ストレスによって活性酸素が発生しますから、体に炎症が起こり皮膚炎になったり、毛が禿げたりすることもあるそうです。ここまで来たら相当ストレスが進行しています。

ハムスターがケージであれ飼い主さんの手であれ、噛む原因は「ストレス」が考えられます。ハムスターのストレスを解消するためには環境の大幅な見直しが必要です。

地下型の巣箱というサイトを参考に、どのような環境がハムスターにとって適しているのか確認して行きましょう。

ハムスターの噛む原因はストレス!良い環境作り

ハムスターが噛むのは最後の反撃

まず、ハムスターが飼い主さんを噛むときはどのような心境で噛むのか、ハムスターにとってどんな状況になっているのか確認しましょう。

普通、野生のハムスターは砂地で暮らしていて、砂を掘った巣穴に暮らしています。

巣穴の中は、敵に狙われない安全地帯なので安心して過ごせています。

しかし、餌は地上に出て探さなければなりませんね。ハムスター一匹だけでとても広範囲な縄張りを持ち、縄張りの点検をしながら餌を探して移動するそうです。

地上では大きな鳥などに狙われてしまいますから、一瞬でも気を緩めたら命に関わります。そのため、常に緊張状態です。

その、敵を警戒する本能は、ペットになったハムスターにもまだまだ残っています。

それを示す実験も「地下型の巣箱」のサイトの人が行ったのですが、飼育下のハムスターを広くて身を隠す場所のない原っぱに置いて様子を見てみたら、耳が緊張している時の形になり、身を低く伏せて絶えず上空を気にして…緊張感がとても伝わってくる様子が伺えたとのことです。

そんな実験は、ハムスターにとって残酷なので決してしてはいけませんが、この人の色々の研究のおかげでハムスターがストレスなく暮らせるのは地下型のケージであるということがわかったのですね。

ハムスターは、普通は噛んだりしません。猛禽類に狙われたら噛んだところで全く歯は立たない、敵わない相手だということは分かっているからです。

それでも噛むのは、ハムスターが本当に命の危険を感じた、ストレスでちょっとおかしくなっているのかもしれません。

指から血が出るくらいハムスターが飼い主さんを噛むのは、ハムスターのストレスを取り除き安心して暮らせるようになると治るそうです。

参照元
http://ham-ham-ham.com/1.3yasei.html#st6

スポンサード リンク



ハムスターにはどんな環境が良い?

ハムスターには、どんな環境が良いのかについて確認しましょう。

地下型の巣箱の特徴は、

☆出入り口が、ハムスターのやっと通れるサイズ
☆空気の流通が少ない

↑これは、ハムスターが砂地に掘った巣穴に似せるためですね。

☆部屋が何部屋か分かれている

↑これは、ハムスターというのは巣穴の中に何部屋も分けて、トイレと寝床と貯蔵室と…などお部屋を作り分ける習性があるからです。

☆二段構造になっており、地下の巣穴と地上のあそび場がある。

ケージの構成は以上のような特徴ですが、その他にも飼い主さんの接し方や、掃除方法など気をつけなければなりません。

くわしくは地下型の巣箱のサイトが参考になるので読んでみてはいかがでしょうか?

まとめ!ハムスターの噛む原因

ハムスターの噛む原因についてご紹介しました。

地下型の巣箱というのは、斬新なアイデアみたいに思えますね!でもハムスターの習性をよく理解しているので、ハムスターにとってとっても良い飼い主さんになれるでしょう。

ハムスターも安心して飼い主さんに興味を示し、仲良くなることができますよ。

ストレスは、お互いのために取り除いていきたいですね。噛まれると痛いし悲しいですからね。

スポンサード リンク