コウモリのふん対策・匂いなど特徴

今回は、コウモリのふんについてです。

夜になると飛び始めるコウモリ。玄関先などにふんをされて困っているという人もいますね。

コウモリのふんは匂いもキツくて、病原菌が豊富なため乾燥したコウモリのふんを吸収すると熱が出てしまったり感染を起こす恐れも。

そんなコウモリのふんをお掃除する方法と、コウモリを寄せ付けないための方法をご紹介します。

スポンサード リンク



コウモリのふん対策

用意するもの

コウモリの散らかった糞をまずは掃除しましょう。そのままにしておくと悪臭や病原菌が問題になります。

病原菌を吸い込まないように、マスクをしてゴム手袋なども着用しましょう。

防護服もできれば着用しましょう。なければ、捨てても構わない服を着て、掃除が終わったら屋外で服をビニール袋に入れて密封し、後日一般ゴミで処分しましょう。

菌やノミ、ダニなど感染するのを防ぐためにはこのくらいの心構えが必要です。

ほうきと塵取り、いらないボロ布やいらない新聞紙、除菌剤を用意しましょう。

そして、掃除が終わったら、ほうきと塵取りは必ず消毒しておきましょう。

スポンサード リンク



掃除方法

コウモリのふんを掃き集めましょう。乾いてこびりついているふんには、水をかけて湿らせてから、いらない新聞紙などで拭き取りましょう。

外壁の汚れも、同じようにしてふやかしてから拭き取りましょう。最後にふんのあった場所に除菌剤を吹き掛けて終了といたします。

ほうきと塵取りを除菌した後、手袋、マスク、1番外側に着ていた服をまとめてビニール袋に入れて密封し、手洗いうがいやシャワーなど行いましょう。

コウモリを追い払う方法

コウモリは、1センチくらいの僅かな隙間からでも、ほふく前進のようにして入ってきます。

そのためいつの間にかエアコンの室外機や、屋根裏などに集団で住み着いたり巣を作ったりすることが多いのです。

コウモリを寄せ付けないためには、また追い払うためにはどうしたら良いのか確認して行きましょう。ちなみにコウモリを処分したりするのは法律で禁止されているので、追い出して寄せ付けないようにするという対策しかありません。

スポンサード リンク



隙間を塞ぐ

屋根裏の侵入口を塞ぐ施工をしてくれる業者もいます。また、自分でも鳩よけのエアコン室外機カバーを取り付けるなどしましょう。コウモリも鳩も防げますので安心です。

磁石で追い出す

コウモリは超音波を出します。飛ぶときや餌を取るとき、超音波を使いますが、強力磁石があると超音波が狂ってしまいますので、非常に磁石を嫌います。

強力磁石を置いておけば目に見えてコウモリのふんが減ります。コウモリの来そうな場所に強力磁石をいくつかずつ配置しておきましょう。

また、ラジオも電波を発していますが庭など広範囲のコウモリ対策に効果的とのことです。超音波発生機があるのでそちらを購入して使用しても良いでしょう。

スポンサード リンク



まとめ〜コウモリのふん対策

いかがでしょうか。コウモリのふん対策についてご紹介しました。

コウモリは害虫を食べるので益獣といわれていますが、コウモリのふんが洗濯物を汚してしまったり、家の外壁が汚れてしまったり、エアコンの室外機に住み着きエアコンが壊れてしまったりという報告もあり、人間にとって害獣となることのほうが多いようですね。

コウモリは自ら好んで人間の家の屋根裏などに入りたがるので、天井から糞や尿が染み出してきたり、それによるダニの増殖なども起こることがあります。

屋根裏から悪臭が漂ってくるなど、コウモリのいそうな気配がしたらすぐに手を打ちましょう。

スポンサード リンク