ニリンソウの育て方~植え付け時期・肥料・開花など~

ニリンソウは葉がトリカブトに似ていることで良く知られていますね。そんなニリンソウはイチリンソウの仲間の中でも育てやすさが特徴です。

2cmくらいの小さな白い花を咲かせるニリンソウは、耐寒性が強く比較的育てやすい花。

そんなニリンソウの育て方について植え付け時期や、肥料、開花時期などについてご紹介します。

スポンサード リンク



ニリンソウの育て方

土づくり・植え付け・株分け

赤玉土に腐葉土を7:3の割合で混ぜて土づくりをします。腐葉土は水はけや冬の霜よけに役立ちます。腐葉土は寒い地方であるほど割合を増やして配合してください。

植え付けは、株分けなら9月下旬、10月中旬くらいに行います。ポット苗の植え付けなら春でも大丈夫です。

プランターの場合は株でいっぱいにならないように一回り大きな鉢に植え替えしますが、もし大きさを変えたくないなら株分けしましょう。鉢から株を取り出して、古い土を大体落としてから新しい土を用意し植え替えます。

スポンサード リンク



水やり・管理・肥料・害虫

日当たりはあまりきつい日差しが当たらないところで育てましょう。葉焼けしてしまいますので直射日光を避けて半日向で管理します。

水やりは少し土が湿った状態になるように与えましょう。水やりしすぎも根腐れを起こしてしまいますが、乾燥には弱いのでプランターの表面が乾いているようなら水やりを忘れずに行いましょう。ただし、休眠中は水やりを控えめにします。土の表面が乾いたら水やりしましょう。

冬は寒さに耐えられますが、さすがに霜が降りると枯れるので腐葉土を敷いたり、プランターの場合は室内で冬を越させましょう。

夏はむしむしと多湿になりますが、多湿に弱いですから腐葉土を増やすことにより水はけ良く管理しましょう。風通しも良くすることを心がけてください。

肥料は花が終わったら置き肥を与えましょう。あるいは、芽が出て花が終わるまでの期間に液体肥料を週に一度与えます。

病害虫はナメクジに食害されることがあります。

スポンサード リンク



開花

ニリンソウは4月と5月頃に開花を迎えます。その名の通り、一つの茎に対して二輪の花が咲きます。ただし絶対に二輪とは限らず、環境や育て方によって一輪で咲いたり、三輪で咲いたりもします。白色の花で、花の裏側が時々赤みを帯びます。

ニリンソウはトリカブトに似ている?山菜取りで中毒に注意

花は似ていませんが、トリカブトの若い葉とニリンソウの葉っぱは似ているので、間違って食さないように注意が必要です。自分で育てる場合はなにも問題ありませんが、山菜取りに行く場合は気を付けましょう。実際に間違って食べて食中毒を起こし死亡した事件もあります。

ニリンソウは若い芽を山菜として調理すれば食べられますが、それぞれ現物を見て比べれば違いに気づいても、単独だけで判断すると意外と間違うこともあるので注意しましょう。

以上、ニリンソウの育て方についてご紹介しました。

野草の花も派手さはありませんが可愛い花を咲かせますね。春の開花を楽しみに大切に育てましょう。

スポンサード リンク