ハムスターの種類別の性格と見分け方・性格が変わることも?

ハムスターの性格は種類によってもだいぶ違いがあります。いざハムスターを飼ってみたら、懐かないので面白くなかったり、狂暴で指を噛むのであまり触れなかったりということもあります。

飼いやすい性格をしているハムスターはいったいどんな種類なのでしょうか。また、おなじ種類のハムスターでも個体差によって性格も違ってきます。

ここでは、ハムスターの種類別の性格や、飼いやすそうなハムスターを見分ける方法、ハムスターの性格が突然変わって噛むようになったらどうするかなどについてご紹介します。

ハムスターの種類別の性格

ゴールデンハムスター

ハムスターの種類の中では大柄なハムスターです。性格はおっとりしていてあまり人を噛むこともありません。しかしもし噛まれると力はジャンガリアンハムスターより強く、痛いです。

おっとり、のっそり、天然です。そして賢いハムスターでもあります。知能は1歳の子どもくらいだといわれていて飼い主さんの声、においなど覚えますし、トイレを覚えるので育てるのが比較的簡単だといわれています。

おっとりやさしいゴールデンハムスターですが、縄張り意識は強いです。そのため何匹も飼うのには向かず、一匹で飼うことをおすすめします。

また、体が大きいため力も強く、ケージをこじ開けることがあります。いつの間にか家の中で迷子になっていたということが無いよう気を付けましょう。

あまり鳴かないので鳴き声を聞くことは一生のうちで一度もないこともざらにあります。

ゴールデンハムスターにもいろいろ毛の色や柄の種類があり、定番のキンクマ、他にもホワイトカラーやブラックカラー、こげ茶のアンブロウスゴールデン、犬のダルメシアンのような白黒の模様のダルメシアンハムスターなどがいます。

これらの毛皮の違いによる性格の差はあまりないといわれています。ゴールデンハムスターはみんなだいたいおっとりしているといわれています。

ジャンガリアンハムスター

ゴールデンハムスターよりも体が小さく、白い毛に背中に黒い筋があるのが特徴的なジャンガリアンハムスターは、性格は個体差によってかなり違うといわれています。

全体的な特徴として警戒心があまりなく、人間によく馴れる性格なのはいいのですが、人を噛むこともよくあります。血が出ることもあるので観賞用として飼っている人も多いです。

知能はあまり高くなく、トイレをなかなか覚えません。白い毛のジャンガリアンハムスターは、野生では雪の保護色の中で活動するといわれていて寒さに強いです。その点では飼いやすいと言えます。

チャイニーズハムスター

別名、モンゴルハムスターです。性格は大人しく、飼い主さんによく馴れます。縄張り意識が強いので多頭飼いには向きません。

排泄量が多く、よく水分を摂ります。餌も水気が多いものを好みます。しかし排せつ物はあまりニオイはありません。見た目は尻尾が長くネズミに似ていますが、顔はハムスターらしい可愛さも兼ね備えています。

ハムスターおなじみの、頬袋を使って餌を食べる様子はあまり見られません。木登りもできて、テンションが上がった時はリスのようにすばしこく跳ねて走りることもあります。

とても飼いやすいハムスターで、人に良く懐きます。お迎えして初日から、ジャンガリアンはムスターを半年くらい飼っているのと同じくらいの懐き具合だという人も。

ロボロフスキー

体が一番小さいハムスターです。

排泄量も少なくあまり臭わないので、動物臭さの少ないハムスターです。すばしこい動きをしますし人に懐くことはないので、観賞用として飼う人が多いハムスターです。

噛むことは少なく、噛むより逃げるタイプで、性格はちょっと弱気です。仲間内で喧嘩をあまりしないので、数匹で飼うこともできます。ハムスターとしては唯一多頭飼いに向いているハムスターです。

キャンベルハムスター

キャンベルハムスターというのは、ペットショップでは取り扱いの少ない珍しいハムスターです。ペットとして飼育され始めたのは近年のことです。

キャンベルハムスターは、強気な性格です。人にはなつかず、噛むことが多いハムスターですが、毛色や柄が種類豊富で赤目もいたりして観賞用としては楽しめます。

クロハラハムスター

ゴールデンハムスターより大柄でモルモットくらいあるハムスターです。こちらも珍しくて近年飼育され始めたハムスターです。

見た目はゴールデンハムスターと同じような感じですが、クロハラという名前から想像がつくようにおなかの毛が黒いです。

性格は、正直ペットには向かず狂暴です。噛む力も強いのでもし噛まれると大量出血するでしょう。ケージを壊すこともあり、人に襲い掛かることもあります。

人に懐くという事例は全く無いようで、飼育するには向かないハムスターです。しかし寿命は長く8年くらいも生きます。

スポンサード リンク

 




ハムスターの性格の見分け方

ハムスターの同じ種類でも、個体差によって性格は様々です。特にジャンガリアンハムスターは個体差が大きいといわれていますね。

そこで、飼い主さんに懐きやすそうなハムスターを選ぶためにはどうしたらいいのか確認してみましょう。

お店に行ったら、ハムスターの動き、仕草を観察しましょう。まずハムスターに手を差し出して、どのような反応をするか見ます。逃げる、怖がる、噛みつくようなら扱いにくく懐きにくいです。手のひらに乗せて、大丈夫な感じのハムスターを選べばすんなりと懐いてくれるでしょう。

また、オスのハムスターは縄張り意識が強く、おっとりしていてストレスに弱いという性質がありますが、メスは環境の変化に慣れやすく、神経質でストレスに強いという特徴があります。

ハムスターが小さいうちは、オスメスの判別は難しいといわれています。性別にはあまりこだわらず、懐きやすそうなハムスターを選べばよいでしょう。

ハムスターの性格は変わる?

ハムスターの性格が突然変わることもあるようです。いきなり飼い主さんの指に噛みついてきて、噛んだまま何分も離れないという事例もあります。

狂暴性が増すというのは、性格が変わったというよりも噛み癖が付いてしまったという方が正しいかもしれません。噛み癖がある以外は、いつも通り飼い主さんの呼びかけに反応して嬉しそうに近寄ってくるということもあります。

ハムスターの突然の性格の変化、噛み癖を経験している飼い主さんの憶測では、ハムスターにとって飼い主さんの指が水分が多くて美味しそうに見えてしまうのだとか。

なぜなら、飼い主さんのお母さん(指が乾燥して皮が厚くなっている)が触っても噛まれていなかったからです。なのでハムスターに水分が多い餌を与えるとか、綿の手袋などをして触るとかすればいいのではないでしょうか。

もしハムスターが噛んできた場合は、首の後ろの皮をつまむと自然と口が開いて離すようです。よく猫が子猫の首の皮をくわえているのを見ますが、そんな感じですね。ハムスターも母ハムスターは子ハムスターの首根っこをくわえて移動することもあるので大丈夫でしょう。

まとめ・ハムスターの性格

ハムスターといっても様々な種類があり、それぞれ性格も違うようですね。ハムスター初心者の人はゴールデンハムスターか、ジャンガリアンハムスター、チャイニーズハムスターがおすすめです。この三種類は定番で人に懐きやすく、飼いやすいです。

ハムスターの飼育経験がある上級者さんは、人には懐きにくいですがロボロフスキーハムスターやキャンベルハムスターなど他の珍しいハムスターにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサード リンク