ダルメシアンの性格は飼いやすい?性別で性格が違う?

ダルメシアンの性格は、飼いやすいのでしょうか。映画での可愛い活躍ぶりをみて、ダルメシアンを飼いたいと思う人も大勢出たダルメシアン。

ダルメシアンは大型犬で怖いイメージもありますが、性格は一般的に明るく友好的だといわれていますね。しかしそれはただの一面で、ストレスが溜まったりきちんとしつけられないと手に負えなくなることも。

そんなダルメシアンの性格的特徴や歴史、オスとメスでの性格の違い、ダルメシアンを飼ううえでの心構えなどについてご紹介します。

ダルメシアンの基本性格

活発・好奇心旺盛・遊びが好き

ダルメシアンはとても体力が強く、疲れ知らずで活発です。ドッグスポーツなどにも積極的に取り組み、一緒に遊ぶことができます。

その反面好奇心の強さゆえの思わぬ行動による事故には注意する必要があります。子犬の頃からしっかり正しい方法でしつけることで上下関係を分からせることが大切です。

賢く聡明

賢くて、訓令性が高いです。消防馬車の先導、軍用犬、牧羊犬、番犬、猟犬などとして使われてきた犬です。

中でも猟犬として主に使われてきました。賢い分、しつけえ方を間違えると直すのが大変です。特に、ダルメシアンの嫌がるようなことをしたり、暴力を用いてしつけると、いつまでも覚えていて反撃することもあります。

ダルメシアンは強情な一面もあり、飼い主さんがしっかりしつける必要があります。しっかりと上下関係を分からせるためには飼い主さんのしつけの能力が問われます。そのため初心者には向かず、犬の飼育中級者~上級者向けの犬種です。

ダルメシアンは、遺伝的に聴覚障害になりやすいのでその意味でもハンドサインなどが必要になることがあり、育てるのが難しい犬種です。

愛情深い・友好的

愛情深くて外交的なので比較的すぐに飼い主さんに馴れて仲良くなれるというメリットがよくいわれています。しかし一方で、警護に使われてきた歴史があり警戒心も強いといわれています。個体差による性格差もあるのかもしれません。

普段は明るく家族に対して友好的な性格だといわれていますが、初対面の人間には警戒心を持つ慎重な面も持ち合わせています。また、ダルメシアンはストレスをため込むと反動で性格が変わる可能性もあるとのことです。

もともと、猟犬として使われてきた犬なので毎日たくさんの運動が必要です。あまり運動できないとストレスになり、いつかストレス爆発して手に負えなくなってしまうことがないように、しっかり運動させるなどストレス管理が大切です。

ダルメシアンは、ダルメシアンブームが起こった時に近親交配の影響で遺伝子異常の多い犬だといわれています。遺伝子異常があり先天性の難聴のダルメシアンの場合、普通のダルメシアンとは性格が全然違うという報告もあります。

遺伝子異常のダルメシアンは、攻撃的な場合が多く、噛みついたりするのをしつけによって抑えるのは非常に難しいようです。

スポンサード リンク



ダルメシアンの性格は性別で違う

オスは甘えたさんな傾向が強いようです。心を許した人には甘えん坊な性格です。しかし他のオスには攻撃的になることもあります。

体が強いので、もし攻撃的になったら手が付けられなくなるのでしっかりしつけをしておくとよいでしょう。

メスは母性愛にあふれています。面倒見が良く犬用のガム、おもちゃなど子犬に見立ててお世話することもあります。出産経験のあるなしにかかわらず、母性愛の強い性格をしている野が特徴です。また、オスよりは大人しい性格をしています。

まとめ・ダルメシアンの性格

ダルメシアンは、映画で人気になってから飼いたいという人が非常に増えましたが、ブームが過ぎてからは捨てられるようになり、殺処分されてきました。

ダルメシアンは、可愛いから飼いたいというような軽い気持ちで飼っても飼い主さんのお荷物になったりダルメシアン自信が不幸なことになりかねない犬種です。

遺伝子異常がなくてもダルメシアンは皮膚病と目の病気、尿路結石が起こりやすいといわれていて、それらの病恋にかかってもしっかり治療するだけの経済的余裕が必須になります。これは犬だけではなくて鳥でもペット全て言えることですが、万が一を考えてペット保険の加入なども考えましょう。

また、運動時間の確保も大切です。ダルメシアンは運動量がたくさん必要で、一日二回、合計二時間の運動を毎日必要とします。10キロくらいはお手の物で走ることもあるようです。足腰が弱い、時間が取れない人にもダルメシアンは向いていません。お散歩させるのに自転車の牽引が必要になることもあります。

飼育環境は、大型犬ですが寒さには弱く、寒い時期には室内で飼う必要があります。大型犬が快適に収まれるだけのスペースが必要です。スペースが狭いとストレスになり病気にかかりやすくなるので室内のスペース、毎日外に出られる時間を設けるのが必要になります。

ダルメシアンは、すべすべした見た目とは違って毛もごっそり抜けます。犬の中でも抜け毛が多い方です。季節の変わり目は特にすごいので、部屋が汚れないようにマメなブラッシングが必要になります。

これらのことを理解したうえで、責任もってダルメシアンを飼いましょう。

スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする