コリドラスが浮くのはどんな病気

プールで沈むのは意外に難しいですよね。宝探しは足の指で掴んでインチキしていました。
コリドラスは具合が悪いと
浮く場合もあります。ストレスが無いか確認して、水質が大差なさすぎと思うかもしれませんけど底の砂利とかの汚染には弱いみたいなので気を付けましょう。

お腹に空気が溜まっているかもしれません。便秘とか、ガスが溜まって腸の中が異常発酵することもあるのではないかと考えてみてもおかしくはないですよ。寄生虫の感染が一番良くあることです。炎症が起きますから
コリドラスに腹水とか溜まります。

カージナルテトラとかと一緒に飼育していると泳ぐ範囲が同じになって縄張り争いになりダメージを受けることもあります。隔離した方がいいです。やはりタンクメイトとのストレスかもしれません。なぜなら、一人部屋にした途端に治癒してしまう場合があるからです。そうだとすれば自律神経の安定によってヒレを思い通りに動かせるようになったのかもしれません。

狭い部屋に子供や親が何人も入っているような家族の寝室では、やはり最低限のパーソナルスペースというものが確保されません。ですから無意識に緊張したりして体調を崩してしまうのではないかと考えられます。適切な空間が確保できないと魚の具合がおかしくなるという現象は続きます。

不思議ですけどそうなのだという話です。意外に心が弱いんですね。ですから水槽を新しく購入して大きくするか、分けるかどちらかを心掛けましょう。そして底にいる
コリドラスのために、プロホースとかいう器具を使ってゴミを取り除きましょう。

これは定期的に行います。もしかしたらその材質が気に入らないのかもしれません。角がある砂利だとヒゲとかにダメージが起こると聞きます。そして、砂だと餌の時間に取り込むので吐き出さなければなりません。それは自然界で日常的なことなのでしょうか。

原産国がどこだかはよく知りませんが、もし石のような環境なら食事の時に細かな粒まで吸い込んでしまうのはストレスになっているかもしれませんよね。ちなみに、大磯と五色を半分ずつ敷いている
コリドラスの場合は、圧倒的に後者を気に入ったらしくていつも定位置がそちらだそうです。カラフルな方が良いのが意外です。モノトーンは溶け込んでカメレオンみたいに目立たなくなりそうなのにおかしいですね。隠れたければ普通そちらにいたい気がしますがおそらく、安心しているのではないかと考えます。

浮く時の治療は塩と薬ですね。規定量より少な目に使い始めて、大丈夫そうなら決められた濃度を上限に増やしていくのがおすすめです。ビタミンとミネラルも投与して、
コリドラスの体力と免疫の強化をサポートしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする